ももクロ・佐々木彩夏がまた激太り!? ネットでは「渡辺直美化」の声

メンズサイゾー / 2014年1月31日 12時0分

写真

 29日に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに出演したアイドルグループ・ももいろクローバーZ。出演にあたっては、かねてから彼女たちのファンを公言しているニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手(25)から花輪が送られるなど、会場はおおいに盛り上がっていた。

 その一方で、メンバーのあーりんこと佐々木彩夏(17)が激太りしているとネット上で話題になり、「これほどまでだったとは…」「渡辺直美化」「劣化してる」という落胆の声が聞かれる。デビュー当時は可憐なルックスが持ち味だった佐々木。しかし、一昨年あたりからたびたび激太りが指摘されており、あまりの激変ぶりに『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した際には石橋貴明(52)に「君、写真と違うんじゃない?」とツッコまれたこともあった。

 しかし、佐々木に限らず、昨今の芸能界ではアイドルの激太りについてささやかれることが多い。モーニング娘。'14の鈴木香音(15)も太りすぎたことによって「関取アイドル」といじられており、過去にはAKB48の宮崎美穂(20)や横山由依(21)も徐々にぽっちゃりとしたスタイルに変化したことで話題になった。また、元モー娘。の安倍なつみ(32)、吉澤ひとみ(28)もグループ在籍時に太ったりやせたりを繰り返していたことで知られている。

 佐々木や鈴木らのような思春期の女性のスタイルが変化するのはよくあることだが、現役アイドルとして表舞台に立つ以上、体型維持も仕事のうちだ。激太りすることである程度の注目が集まったり、鈴木のようにいじられキャラとしての立ち位置を確立するケースもあるが、それがアイドルとしてのキャリアにつながるかどうかはまた別の話だろう。激太り状態が長引いている佐々木について、ある芸能ライターはこう話す。

「露出のたびに『激太り』と揶揄されることで、それがストレスとなりさらに太ってしまうという負のループに陥っているという可能性もあります。その連鎖を断ち切るには本人の努力と周りのマネジメントしかありませんが…。佐々木は最近、足を骨折してしばらくダンスパフォーマンスは控えることになっています。余計太りやすい状況になっているだけに、次にメディアに出る際の姿で、その覚悟が問われるかもしれませんね。ふっくらした女性を集めたユニット『Chubbiness』が結成されるなど、ぽっちゃり系をクローズアップする動きはありますが、アイドルに求められているものは今も昔もスラリとしたスタイルです。佐々木はまだ17歳と若いですし、このまま太り続けて今後の可能性を自分で狭めるようなことにはなってほしくないですね」

 もともとアイドルとしてのポテンシャルが高く、以前はももクロ内でも一、二を争う人気を博していた彼女。アイドルらしさ満点だった以前の佐々木に戻る日は来るのだろうか。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング