「何様なんだ!」益若つばさにマジギレした坂上忍に称賛の声

メンズサイゾー / 2014年2月5日 17時0分

写真

 2月4日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、坂上忍と益若つばさがバトルを繰り広げたと話題になっている。この日、放送されたのは『うぬぼれ注意 オンナの自分番付』という企画。登場する男性芸能人が決める「付き合いたいランキング」の中で、女性芸能人たちが自分は何位になるのかを予想するという人気コーナーだ。

 まずはパンサー・向井慧が登場。安田美沙子やmisono、元SDN48・野呂佳代らの女性芸能人の中で、益若は自分を「5位」と予想したが、なかなか名前が出ないことから不満げな表情を見せ、「オニ若さんに変身」などと言われていた。結局、9位に指名された益若は、その理由を「アーティスティックな感じが強い」「お付き合いするとなったら大変」と説明され、再び納得のいかない表情を見せた。

 次に登場したのは、坂上忍だ。益若は「バツイチ同士で分かり合えるかも」と3位と予想したが、実際の3位は野呂佳代。それどころか、予想は大きく外れて10人中10位という結果になった。その理由について、「この中で、一番自己中な人なんだろうなって」と説明し、「人のことを言えないけど」と前置きしたうえで「離婚した人間にはどこか欠陥があるんですよ」とバッサリ。離婚をした際、「自分は結婚してはいけない人間なんだと思った」という坂上は「益若さんにもそう思っていただきたい」と言い切り、ロンドンブーツ1号2号・田村淳の「まだ若いんですけどね」というフォローにも「歳とか関係ない」「お願いだから、これ以上被害者出さないで」と懇願していた。

 さらに「自分(が大事)の人だと思います」「振り回されたくない」とたたみかける坂上に対して、「見る目は変わりました、坂上さんの」とムッとした表情を見せる益若。淳から「次、仕事をしたときに本当の自分を伝えようとは思わないんですか」と言われると「思わないです」と睨みつけるように答えた。

 それを聞いた坂上は、「じゃあ、俺も言わせてもらうけどね」とヒートアップ。以前、他局で楽屋が隣になったことがあるというが「挨拶にも来やがらねぇ」「スタッフぞろぞろ連れて、何様なんだ」「そういうの見てるんだよ、人は」と不満をぶちまけた。

 これを受けて、ネット上では「坂上のキレ方はガチ」「よくぞ言ってくれた!」「益若、ボロクソに言われて泣きそうになってたな」などの声が上がっている。

「益若といえば、ネット上ではたびたび炎上するキャラですからね。フリマの売り上げを寄付したときは、まるで証拠のように金額が書かれた写真をTwitterにアップして『アピールが鼻につく』と言われ、BIGBANGのメンバーが写真を撮る際に肩に手を回してきたという話のときも『すっごい嫌だった』と暴露してBIGBANGファンを激怒させました。昨年1月には梅田直樹と離婚していますが、梅田が『真実はすべて墓場に持っていく』と意味深な発言をしたことから、かねてよりささやかれていた不倫疑惑が再燃しています。坂上は以前にもNON STYLE・井上裕介が大嫌いだと暴露していましたが、毒舌キャラの真骨頂のような歯切れのよさでしたね。先日、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の後番組のMCに抜擢されることが発表されましたが、昼の顔になるからといって自重してほしくないものです」(芸能ライター)

 坂上は、子役時代から活動しているだけに、業界のルールに関しては厳しいのかもしれないが、益若は放送後にTwitterで「芸能界難しい…」とこぼしている。また、多くのリプライが届いているようで「雑誌時代の頃のが風当たり強かったし死ねとか毎日色んな人に色々言われてたから慣れた」「もはやありがたいと思えるようになったから今や感謝」と耐性ができていることもアピールしている。メンタルの強さは芸能人には欠かせない要素かもしれないが、それがまた新たな火種とならなければいいが…。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング