「面倒くさい」「結婚すると鬱陶しい」松本人志の言葉にLiLiCo涙目半ギレ

メンズサイゾー / 2014年2月18日 15時15分

写真

 ソチオリンピック・カーリング日本代表が準決勝進出をかけて強豪スウェーデンと熱戦を展開していた裏で、深夜のバラエティでも火花散る戦いが繰り広げられていた。舌戦を展開したのは松本人志(50)とLiLiCo(43)。17日深夜に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)でのことだった。

 この日、同番組には、LiLiCoのほか、かねてより松本が会いたかったという乙武洋匡(37)がゲストとして登場。番組冒頭から、今話題の佐村河内をネタに日本の障害者問題などについて持論を展開する乙武に、松本をはじめとする出演陣が揃って耳を傾けた。

 そんな流れの中でTwitterのことが話題になると、ようやくLiLiCoも口を開く。しかし、彼女は「(私は)3日でやめた人ですよ」とし、その理由として「質問がきたら全部答えちゃう」「単純に“今日の服どこのですか?”って聞かれたら、在庫まで調べてしまう」と弁明する。ファンからの声や質問に答えないと気がすまない性分だというのだ。

 そんなLiLiCoの言葉に松本が、「あなたみたいな人はホント結婚すると鬱陶しいですよね」と返すと、彼女の表情が一変。さらに松本が「全部やろうとするでしょ。絶対嫌われるタイプですよ」と付け加えると、「ありがとうございます。はい。そうです」と言いながらも苦笑いをするのが精一杯という顔を見せ、口を閉じてしまった。

 その後、番組のテーマが「東大の推薦入試」に移ると、ようやくLiLiCoは日本の学歴社会にウンザリしているという主旨の発言をしたが、それっきり再び押し黙ってしまう。もちろん、編集過程で、彼女の発言がカットされたのかもしれないが、たとえそうだとしても、カットされるような発言しかしなかったのは間違いないだろう。

 そんなLiLiCoが再び発言をしたのは番組ラスト。「今夜はどうでしたか?」と司会の東野幸治(46)に締めの言葉を振られ、松本に「ちょいちょいやってくるLiLiCoさん」「ちょいちょい変なとこでスイッチが入るLiLiCoさん」とイジられた後。LiLiCoはこの松本のイジりを完全に無視して、笑顔を見せることもなく、「なんでTwitterを全部答えようとする思うと嫌われるのかがずっと引っかかってる…」と低いトーンでつぶやくのだった。

 冒頭でのやり取りをいまだに根に持っていたと明かすLiLiCo。そのテンションは、低いというより暗いもので、いつもの彼女の姿はどこにも見当たらない。松本はそんな彼女に向かって、「面倒くさい人やなぁと」とボケを上乗せしたが、本人は「私? こんなに優しい人なかなかいないですよ」と半ギレで反発。「その返しがまた面倒くさい」と松本に言われると、「初めて言われた…。ちょいちょい来るって、呼ばれてるから来てるのに…」と思わず涙目になった。

 なかなかボケを理解してくれないLiLiCoに戸惑いの表情を浮かべる松本は、ハンカチを手渡し、「いい意味でやで」「ホメてるんですよ」とフォローしていたが、その様子はいかにも面倒くさそう。本人は必死に“面倒くさい女”を否定していたが、やはりLiLiCoは面倒くさいタイプなのかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング