主演ドラマ続編に新CM…小泉今日子、“あまちゃん効果”をフル活用!?

メンズサイゾー / 2014年2月19日 10時0分

写真

 小泉今日子と中井貴一のダブル主演で2012年に放送された連続ドラマ『最後から二番目の恋』(フジテレビ系)の続編が4月からスタートすることが明らかになった。パート2となる『続・最後から二番目の恋』について、小泉は「今まで、続編というものに積極的な気持ちになったことがなかったのですが、このドラマ、この役とはもう少し付き合ってみたいと思っていたので、うれしいです」と同作が続くことへの喜びを語っている。

 同ドラマは、小泉が演じる45歳で独身というテレビ局のプロデューサー・吉野千明と中井が演じる妻に先立たれた子持ちの市役所職員・長倉和平が鎌倉で出会い、口論の絶えない関係ながら少しずつ惹かれ合っていくというラブストーリー。小泉と中井のコミカルな掛け合いが話題となり、放送終了後の11月にはスペシャルドラマも放送された。続編では千明が48歳、和平は52歳となっているようだ。

 小泉といえば、昨年国民的人気ドラマとなった『あまちゃん』に出演。能年玲奈演じるヒロイン・天野アキの母親である春子役を好演し、「あまちゃん特別編」が展開された『NHK紅白歌合戦』にも25年ぶりに出場するなど、改めて女優としての評価が上がっていた。

「あのドラマでは能年玲奈と橋本愛はもちろん、足立梨花や有村架純など出演女優の注目度が軒並み急上昇しましたが、小泉の再評価も一種の“あまちゃん効果”といえるでしょうね。『最後から二番目の恋』は平均視聴率が12.4%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)と大ヒットというわけではないですが、数々の賞に輝くなどその内容は高く評価されています。もちろん、フジとしては『あまちゃん』を挟んで小泉が再ブレイクともいえる状態となったことで、前作超えの視聴率を期待しているのは間違いないでしょうね」(芸能ライター)

 『あまちゃん』でブームを巻き起こした後に主演ドラマの続編が決定と、ノリにノッている小泉。3月からは新たに化粧品メーカー「コーセー」のCMにも出演するが、「日刊ゲンダイ」では最近の小泉の動きを「今が稼ぎ時ということをよくわかっている」と伝えている。大手事務所に所属する小泉は、ほとんど働かなくても数百万円の月給があるというが、この勢いに乗じてやはりCMでの露出を狙っているという。

 小泉のCM1本あたりの年間契約額は3500万円で、石原さとみや井上真央など旬の若手女優よりも高い。現在はオファーが殺到しており、4月からのドラマがヒットすれば綾瀬はるかや上戸彩を抑えてCM女王に躍り出る可能性もあるというものだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング