「絶対スタッフを好きになっちゃう」「太いのが好き」純情なのに妖艶なアラサーグラドル

メンズサイゾー / 2014年2月26日 14時30分

写真

 25日深夜に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に森下悠里(29)、小林恵美(31)、橋本マナミ(29)が出演。現在のギャラや年越し映像を披露し、話題を集めている。

 この日3人は「トリオ・ザ・GJK」の一員として番組に登場。GJKとは「グラビア女子会」のことで、プライベートでもよくご飯を食べに行ったりする仲良しだという。そんなメンツが集まったからなのか、トークが始まるといきなりギャラについて語りだすなど、3人のテンションは高く饒舌に語るのだった。

 ちなみに彼女たちのギャラは、森下が「同世代のOLさんと同じ程度(固定給)」で、小林は「プチブレイク中なので少し多いかも。ただ、1番低いころは3万円だった」と告白。橋本は「今は固定給で15万円」と話し、「貯金を“すりつぶしながら”生活している」と話していた。露出が多い割に森下の金額が低い気がするが、「固定給」という彼女の言葉を信用するならば、給料とは別にDVDや写真集などの売り上げは加算されているのだろうし、家賃や生活費なども別途支給されているのかもしれない。

「人気のタレントさんになれば、事務所がマンションを用意したり、生活の面倒を見たりしますからね。そうすることで彼女たちのプライベートをしっかり守るわけです。森下さんのようなタイプのタレントさんは、一般の人からも絡まれてしまう可能性もありますからね。過保護まではいかなくても、ご飯を食べに行くのも常にマネジャーがついて行くのが日常だと思いますよ」(業界関係者)

 確かに、この日番組の中で紹介された森下の年越しVTRでは、“自宅で1人そばを食べる森下”という映像が流れたが、それは明らかに誰かがカメラを回していたもの。友人なのかもしれないが、マネジャーや事務所関係者という可能性が高いだろう。

 ただ、そんな年越しVTRで、とても好感の持てるVTRだったのが橋本だ。実家が山形だという彼女は、年末年始は帰省していたようで、両親と共に年越しの時間を過ごし、家族で初詣に出かけた様子などを披露。そんな彼女の姿に、MCの後藤輝基(39)や徳井義実(38)など、「1番ええやないか」と羨ましがるほどだった。

 また橋本は、以前森下から「変な中国人」(森下曰く、金持ちの中国人)を紹介されたことがあるようで、食事に行った際ホテルに連れていかれ「キスをされそうになった」と暴露。危ういところを「ノー!」と叫んで逃げてきたという純情なエピソードを披露した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング