川口春奈がおっぱいで“低視聴率女王”の汚名を跳ね返す!?

メンズサイゾー / 2014年3月17日 23時45分

写真

 14日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)に出演した、女優でモデルの川口春奈(19)。番組内で川口は、昨年の主演ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)が民放連続ドラマの最低視聴率を更新したことについて触れ、「気にしないとは言ってましたけど、めちゃめちゃ気にしてたし、みんながフォローしてくれるのが逆に悲しかった」と当時の心境を吐露した。また、「これからもっといろんな場面に遭遇すると思うけど、負けたくないし、弱っている姿も見せたくない」と、今後の活動に対する意気込みも表していた。

 本来、女優であれば“視聴率が思わしくなかった自身の出演ドラマ”は絶対に触れてほしくないことの一つだろう。しかし、川口は今回それを自ら語り、本音を明かした。そんな彼女の姿勢について、ネット上からは賞賛の声が続出。「こんなに素直な子はなかなかいない」「応援したくなる」などの声が上がっている。

 前述の『夫のカノジョ』をはじめ、出演ドラマの視聴率がふるわないことから低視聴率“女王”と呼ばれたこともある川口。過去に出演したドラマは『天魔さんがゆく』(TBS系)が平均1%台、人気少女漫画が原作で川口の初主演作となった『桜蘭高校ホスト部』(TBS系)も平均2%台とさびしい結果に。どちらも深夜ドラマという弱みはあるが、同じような時間帯に放送されるバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の視聴率が10%を超える場合があることを考えると、大きな差があるといえる。今回、あえてそういった問題に言及したことに加え、思わぬ一面にも大きな注目が集まっている。

 同番組では、川口がハワイでスカイダイビングに挑戦した様子も放送されたが、飛んでいる間にハーネスが胸元に食い込み、そのふくらみが強調されていたのだ。これを受けて、ネット上では「おっぱいすげぇ」「下手なグラビアよりヌケる」などの歓喜のコメントが相次ぐ事態に。細身な印象のある彼女だが、確かにこのシーンはかなりの巨乳に見える。隠したい過去であるはずの低視聴率問題に触れ、ある意味ハプニング的なものではあるがセクシーさもあらわになるなど、新たな魅力を開花させた川口。彼女について、ある芸能関係者はこう話している。

「出演ドラマが低視聴率だったことについて、女優本人がメディアで語るというのは稀なことです。しかし、それは裏を返せば事務所が“低視聴率女王”の汚名をはらすべく必死にフォローしているということでしょう。川口が事務所の期待の星であることの表れですね。ネット上では、この件よりも彼女の胸が絶賛されているようですが(笑)、いろんな意味で注目度がアップしたことは間違いありません。年齢のわりには演技力も評価されていますし、そろそろ彼女にピッタリハマる役に出会ってブレイクしてもおかしくないはず」

 「正統派美人」との声もある整った顔立ちと気取らない純朴なキャラクターで、好かれる要素十分といった感のある彼女。今年こそ、いい意味での代表作を作ることはできるのだろうか。その胸の育ち具合とともに、今後の動向をチェックしておきたい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング