芸能界の縮図『いいとも』終了でタモリの株が急上昇! 一方、坂上忍は…

メンズサイゾー / 2014年3月25日 19時30分

写真

 いよいよグランドフィナーレまで残り1週間を切った『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。メイン司会者のタモリ(68)の口から終了が発表された当初は「ついに打ち切りか!」と、超長寿番組の終焉をフジテレビ全体の凋落のように扱う向きもあったが、年が明けてからはお祭り騒ぎが過熱、やがて芸能界全体を巻き込んだ一大イベントへと変貌していった。

 また、一部報道によると、1日の観覧希望者はゆうに1万人を数え、当日のキャンセル待ちでさえ、スタジオアルタのキャパを越える150人が並ぶというから、すでに視聴者も巻き込んだお祭り騒ぎになっているのは疑う余地がない。これほどまでにさまざまな人々を巻き込んだ大規模な番組フィナーレは、かつてないことだろう。もはやいち番組、いちテレビ局といった枠を超えてしまっている。

 そして、そんな祭りの中心にいるタモリの株が急上昇中。24日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の人気コーナー「ビストロSMAP」に出演したタモリは、乾杯をするシーンで、かつて飲酒による不祥事を起こし、以来禁酒しているメンバーの草なぎ剛(39)に対して、「禁酒もういいよ、今日から! 誰も文句言わない」と解禁を助言。草なぎは「5年ぶりですね」と戸惑いながら、久しぶりに酒の味を堪能していた。

 タモリの粋な計らいだとして、ネット上からも賞賛の声が聞こえてくるこのエピソード。さらに、タモリには今後の活動に期待する声が多く上がっており、番組を終えるタレントとしてはまさに異例といえる。すでに、毎年末恒例となっている『徹子の部屋』(テレビ朝日系)へのタモリの出演を楽しみにしているとの声も盛ん。放送枠が正午に移動することが決まっている『徹子の部屋』に、タモリがどんな顔をして出演するか、確かに楽しみだ。

 一方で、偉大な番組の後を任される面々は、お祭り騒ぎの影に隠れてどこか寂しい印象。特に月曜日のメインMCを任された坂上忍(46)には、早くも「飽きた」との声が聞こえてきている。たとえば、タモリが「ビストロSMAP」で、感動のシーンを演出している裏で、坂上は『好きになった人11』(日本テレビ系)に出演し、交際相手に「好きです」と言い、さらには、彼女の誕生日が近いことから「その時にいろいろ話をしましょう」と結婚を示唆するコメントを述べていた。

 タモリの「ビストロSMAP」出演同様、坂上の一連の発言もネットニュースで報じられたが、ユーザーたちの反応は正反対。坂上に対して、「どうでもいい」「そんなことを言うタイプだと思わなかった」「もう飽きた」などの冷たい反応が見受けられた。普段の毒舌から一変して、坂上の言葉は温かいものに違いなかったが、どうやらバラエティでの露出が止まらない彼に視聴者たちは少し辟易しているのかもしれない。

 番組終了にもかかわらず今後が期待されるタモリとは反対に、新番組を任されたことで人気にかげりを見せる坂上。芸能界は水物などとよく言われるが、『いいとも』には、まさにその縮図が詰まっている。そして、そんな芸能界そのものといえる『いいとも』だからこそ、これだけの盛り上がりを見せているのだろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング