世界選手権で引退はムリ? 浅田真央の“利権”にむらがる大人たち

メンズサイゾー / 2014年3月26日 19時0分

写真

 26日に開幕するフィギュアスケート世界選手権に出場する浅田真央(23)の去就に注目が集まっている。ソチ五輪後の記者会見では、現役続行の可能性について「今のところハーフ、ハーフ」と語っていたが、その要因はモチベーションや身体的な問題だけではないという。浅田の活躍で巨額の収入を得ていた日本スケート連盟などが引退に反対しているといい、簡単にはプロ転向できない状況に頭を悩ませているようだ。

 連盟にとって浅田は“カネのなる木”だったー。

 高額のフィギュアのチケットが“争奪戦”が起きるほど売れるようになったのは、浅田と安藤美姫(26)の二枚看板の出現によるところが大きかった。安藤の引退で女子のスターは浅田一人となったが、世界選手権は最高額2万5千円のプレミア席が早々に売り切れになるなど真央人気の高さを物語っている。

 世界選手権に出場した後も浅田は休むヒマがなく、4月3日に地元・名古屋でアイスショーに出演し、同月5~6日には大阪で世界選手権のエキシビションに参加。全国ツアー形式で夏までに約40公演が予定されているが、その大半に浅田は駆り出される。荒川静香などプロ転向した選手は、アイスショーの1回の出演ギャラが100~150万円ほどとされているが、浅田の場合は30万円ほどと格安。もし引退してプロ転向されてしまえば、スケート連盟は浅田を安く使えなくなってしまう。

 一般人気の高い浅田はテレビ番組にも引っ張りだこだが、発売中の「女性自身」(光文社)によると「番組出演のギャラは100万円ほどだが、スケート連盟とマネジメント会社が経費などを差し引くと真央ちゃんに渡る金額は約5万円」だという。実に95%が“搾取”されていることになる。

 また同誌によると、浅田は約10社とCM契約を結んでいるが、契約料のうち20%をスケート連盟に収めなくてはならない決まりになっているという。浅田のCM契約料は約3000万円と報じられている。今後、五輪効果によるオファー増加で契約数は15社にまで増えることが予測されており、もしそうなればスケート連盟は浅田のCM出演で何もせずとも約9000万円が金庫に転がり込む計算だ。

 浅田に引退されて困るのは、国際スケート連盟(ISU)も同じだ。

 ISUの最もおいしい収入源はフィギュア人気の高い日本。フジテレビが独占契約を結んでいる世界選手権の放映権料は「年間2億円以上」とされ、ISUの事業の柱になっている。フジがフィギュアの独占契約を結んだのは、シニア転向直前の浅田を目にした局幹部が「この子がいればフィギュアは看板番組になる」と期待したからだったと伝えられている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング