「女としての武器をすべて使う」元AKB48・河西智美、“勘違い”発言で炎上キャラが再燃!?

メンズサイゾー / 2014年4月10日 16時5分

写真

 9日にアイドルグループ『愛乙女★DOLL(ラブリードール)』のメジャーデビュー記念イベントが都内で開催され、元AKB48の河西智美がサプライズ出演した。レーベルの先輩にあたるということで、イベント中盤のMCコーナーに登場した河西。「愛乙女★DOLLの皆さん、メジャーデビューおめでとうございます! 皆さんのライブを隠れて観てましたけど、とっても素敵でした」と祝福のコメントを寄せた。

 メンバーの佐野友里子は、以前AKBの研究生として活動していたことがあるため、「私がチームBの前座で出るときに、河西さんが一緒に円陣に入れてくれたんです。天使です!」と当時のエピソードを披露。感謝された河西は「よかった、いい思い出で(笑)。私、そういうイメージがないからどんどん言ってね」と自虐的な切り返しを見せた。同じくAKBの研究生だった愛迫みゆも、レッスンで一緒になったことがあるといい、「河西さんのセクシーさが大好きです!」とアピールした。

 岩崎夢生からの「どうしたら売れますか?」という質問に「それは私も知りたいです(笑)」と答えた河西。さらに、都築かなが「これからもかわいらしくいるために、女の子としてどうしていけばいいですか?」と聞くと、「女の子に生まれてきてよかったなって思いながら、女としての武器をすべて使う!」とかわいさをキープする秘訣を明かした。

 これを受けて、ネット上では「勘違いがイタい」「女としての武器っていう言葉が生々しい」と否定的な反応が見られている。

「河西はまだAKBメンバーだった昨年4月にAKBの運営会社『AKS』社長との密会が発覚し、社長には妻子がいるため“愛人疑惑”が浮上しました。さらに、卒業後の昨年10月にもハロウィンパーティーの後に社長の自宅マンションに入っていく様子が伝えられており、まだ関係が続いているのではないかとささやかれました。もちろん、両者ともに否定していますが、そういった経緯がある河西が自信たっぷりに発言したことで、『生々しすぎる』『開き直っているのか』という反応につながっているようです」(芸能ライター)

 愛人疑惑だけでなく、握手会やレッスンの遅刻やドタキャンが常態化しているともいわれるなど、決してイメージがいいとは言いがたい河西。昨年12月には横浜で自身初となるソロライブを開催したが、「激太りしてる」「22歳という若さを感じない」と、そのルックスについて厳しい意見が聞かれていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング