無難すぎる!? 恋愛禁止のAKBメンバーによる「恋愛バラエティ」がいまいちなワケ

メンズサイゾー / 2014年4月11日 10時0分

写真

 2日深夜から放送がスタートした、AKB48の新バラエティ番組『恋愛総選挙』(フジテレビ系)。放送開始前から、恋愛禁止を謳うAKBの人気メンバーが、自身の恋愛観について赤裸々に語るという触れ込みがネットニュースなどで報じられ、大いに注目を集めていた。

 しかし蓋を開けてみれば、2ちゃんねるでは専用スレッドが立ち上がっているものの、さして話題になっていない同番組。ネット上には、MCを務めるHKT48の指原莉乃(21)と土田晃之(41)の相性がいいというコメントや、VTRで登場したタレントたちへの言葉が目立ち、メインであるはずの高橋みなみ(23)、小嶋陽菜(25)、柏木由紀(22)、渡辺麻友(20)らに対する意見はあまり見られなかった。

 そして、9日に放送された第2回でも、初回に続いて出演していた高橋らは、「好きな人にアタックするかしないか」というテーマでトークを盛り上げていたが、「好きならアタックする」「でも無理なら諦める」「チャレンジはする」などと、いずれのメンバーも曖昧な言葉で回答を濁すばかり。唯一個性的な回答としては、高橋が「アタックするけど、すぐ振り向かれたら“サイテー”(と思う)」と発したところくらいだろう。ここでも、ネットユーザーたちが注目していたのは、VTRで流された「ラビットパーティー」(合コン企画)でのNON STYLE・井上裕介(34)のウザさと、それを貫き通す芸人魂などであった。

 番組の企画は、AKBのプロデューサーである秋元康(55)が務めており、番組が始まる前には「ぶっちゃけてこい」と言われたと語っていたAKBのメンバーたち。しかし、そこまで外堀が埋められていながらも、彼女たちの口から出てくるのは中途半端な言葉ばかり。そもそも恋愛禁止という状態の中にいるのだから、当然のごとく恋愛経験が浅いということなのだろうか。

「恋愛禁止のAKBメンバーが恋愛について語るという企画は、さすが秋元さんと言うべきか、面白い企画ですよね。彼女たちの妄想が爆発した独自の恋愛観が披露されれば、面白い番組になると思いますよ。たとえば、これまで恋愛経験をつんでこなかった、たんぽぽ・白鳥久美子の妄想トークなどは面白いですよね。それをあのAKBが、となれば面白いに違いありません。一応、恋愛禁止を貫いているというのが建前ですから。きっと秋元さんの言う“ぶっちゃけてこい”というのは、妄想でも何でもいいから爆発させろということなのではないでしょうか」(放送作家)

 しかし、メンバーたちはその建前の裏で中途半端に恋愛を経験してきているのか、発言が生々しくなることを恐れて踏み込めないのかもしれない。とはいえ、今後番組を盛り上げていくには過激な要素が必須だ。妄想でもいいから、ネット上がどよめくほどの爆弾発言を期待したい。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング