「アナログ時計が読めない」安定のおバカぶりを披露するAKB48・川栄李奈

メンズサイゾー / 2014年4月25日 13時40分

写真

 昨年放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の『AKB48どっきり受験 抜き打ち期末テスト』で最下位となり、おバカキャラとして知られるようになったAKB48・川栄李奈。現在、「AKBチャレンジユーキャン! 2014」という企画で薬膳コーディネーターの資格に挑戦しているが、24日には『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演し、驚愕のおバカぶりを改めて披露している。

 資格取得のために、仕事の合間に参考書を開いて猛勉強しているという川栄。当初は「薬膳」の読み方も知らなかった彼女だが、いまだにテキスト内にあった「玉葱」を「たましん」、「蕎麦」を「むぎちゃ」と読むなど、漢字にはからきし弱いようだ。ダウンタウン・浜田雅功からは薬膳コーディネーターとはどんなものかと聞かれたが、その説明もたどたどしく、平均90点の中間テストで55点しか取れなかったことで共演者の失笑を買っていた。さらに、最近までアナログ時計が読めなかったようで、「(時計の針が)ぴったりは読めるんですよ」と主張するも、針が微妙な位置で交差していると何時なのかわからなくなってしまうようだ。

 また、川栄は計算が苦手なため、買い物をした際のお釣りも一切確認しないという。その理由を「(店員さんと)信頼関係があるんですよ」「お金に関しては任せてる部分があって」と説明していたが、先日3000円のピザを頼んで1万円を渡したら、9000円のお釣りが来てそのまま受け取ってしまったことがあったというエピソードを披露。その後、ミスに気づいた店員が戻ってきたため「盗んだみたいになっちゃって、恥ずかしい思いをした」と語っていた。それ以来、ちゃんと確認しようと思ったというが、コンビニでお釣りを確認していると時間がかかって邪魔になってしまうため「やめようと思いました」とあっさり撤回している。

 以前から、九九ができないことも明かしていた川栄。「前半はできますよ」と5の段あたりまでは自信があるようだが、8の段になると「8×1=8」「8×2=17」「8×3=27」「8×4=34」とほぼ間違えていた。しかし、同じ計算でも2の段になると「2×8=16」と正解できるようで、「九九の仕組みをまずわかってないんですよ」と根本的に理解していないようだ。

「AKBきってのおバカキャラとして一気に知名度を上げた川栄ですが、ここまでくるとさすがにキャラではないような気もしますね(笑)。以前は足が臭いこともテレビで明かしていますし、指原莉乃のようにイジりやすい要素が満載なので、AKBメンバーの中ではバラエティでは重宝されるタイプです。4月からは『バイキング』(フジテレビ系)に水曜レギュラーとして出演していますが、『メガネ姿がかわいい』とネット上で話題になるなど、そのルックスには定評があります。18日からスタートしたドラマ『セーラーゾンビ』(テレビ東京系)では大和田南那、高橋朱里とともに初の連ドラ主演を飾っており、AKBの10代メンバーの中でも今後ブレイク必至の存在です」(芸能ライター)

「美少女なのにバカで足が臭い」という親しみやすいキャラで人気を高めている川栄。今年の「選抜総選挙」では、昨年の25位からどれだけ順位を伸ばすかも注目されるが、まずは6月に行われるという資格試験の結果を楽しみにしたいところだ。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング