「AKB最大の試練」!? 高橋みなみの卒業を示唆するかのような発言にファンの間で動揺が広がる

メンズサイゾー / 2014年5月3日 14時0分

写真

 2月に行われた「大組閣祭り」でメンバーが入れ替わったAKB48の「新生チームA」。先月30日には、東京・秋葉原のAKB48劇場にて新生チームAの公演とともに、同月8日に誕生日を迎えた高橋みなみ(23)の生誕祭が開催された。

 その際、同期である小嶋陽菜(26)に「どんな1年にしますか?」と聞かれた高橋は「私が向き合うチームはこれが最後になると自分で思っています」「この1年は死ぬ気で頑張ってレコ大(日本レコード大賞)をもう一度獲りたいです」と発言した。彼女のこの卒業を示唆するかのような発言はファンに大きな衝撃を与え、当日のTwitterでは「たかみな卒業」というワードがトレンド入りするほどの騒ぎになった。

 案の定、このニュースはTwitter以外のネット上でも話題となり、某巨大掲示板では「【速報】たかみな卒業発表」という誇張表現とも思えるスレッドが立つ事態に。これを受けて、ネットでは「来年はAKB48の10周年だし、それまではやめないんじゃない」「卒業させない雰囲気になる前に自分から仕向けたのか」「来年の総選挙には出ないのかも」とさまざまな憶測が飛び交っている。

 高橋といえば、AKBの1期生でチームAのキャプテン、そしてグループの総監督としてAKBを支えてきたことで知られ、AKBの重要人物の一人である。また、プロデューサーの秋元康氏(56)からも多大なる信頼を寄せられており、過去に秋元氏は「高橋はAKB48の顔」「AKB48とは高橋みなみのことである」「高橋は48人姉妹の長女」といった発言をしている。
なお、近年では高橋の同期である板野友美(22)や前田敦子(22)らが相次いでグループを卒業しており、6月には主要メンバーの一人である大島優子(25)の卒業も控えている。このことから最近では、高橋の卒業もそろそろなのでは…とささやかれていたが、本人の口から今回のような意味深な発言があったのは初めてだ。

 しかし、秋元氏が「AKB48の顔」とまで明言する高橋がグループを卒業すれば、AKBの存在自体を大きく揺るがすほどの変化が訪れるであろうことは想像がつく。彼女がこれまでグループを支えてきた功績は並大抵のものではないだろう。

「高橋は、デビュー当初の不遇時代から現在までのすべてを知っている数少ないメンバーの一人。秋元氏から信頼されていることはもとより、若手メンバーに尊敬している先輩を聞いた時には必ず高橋の名前が挙がるほどグループ内での評判もよく、グループ全体の姉であり、また母であるかのようなポジションだと思います。加えて、スタッフや関係者への対応が礼儀正しいことでも知られており、禁止とされている恋愛スキャンダルを起こしたり、テングになってしまい業界内での悪評が高いメンバーもいる中、彼女にはそういった話が出てこない。もはやAKB48の良心ですね。そんな高橋が抜けるとれば、AKB最大の試練がやってくるといってもいい。ただ、今回の発言は自身の今後を見越したものですぐに卒業という意味ではなさそうですが、彼女が次期卒業生候補の一人なのは確かでしょう。それまでに、高橋に代わるキャプテンを務められるメンバーが育てばいいのですが…」(芸能関係者)

 そう遠くない将来、高橋という大きな支柱を失う可能性があるAKB。一部からは「高橋がいなくなったらAKB48は終わってしまう」という声もあるほどにその存在感を知らしめている彼女だが、高橋の背中を見てきたメンバーたちは、今回の発言を受けて何を思うのだろうか。来年で結成から10周年という、大きな節目を控えているAKBの動向に注目したい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング