「彼氏募集中」「あのドッキリは…」口を滑らせても許される指原莉乃の不思議なバラエティ力

メンズサイゾー / 2014年5月11日 14時0分

写真

 2011年に放送されたAKB48メンバー初の単独冠番組『さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~』(TBS系)のメインMCを皮切りに、現在もAKBグループきってのバラエティ班として活躍しているHKT48の指原莉乃(21)。レギュラー番組も数多く、AKB関連の番組ではもはやMCが定位置といった按配だ。今春から始まった『恋愛総選挙』(フジテレビ系)でもその立ち位置は変わらず、週替わりでやってくるAKBのメンバーをゲストに迎え、MCとして番組を引っ張っている。

 すでにいくつもの番組でMCを経験していることから、『恋愛総選挙』でもこなれた調子で進行を行い、VTR振りやトークのネタ振りも自然にこなす指原。しかし、そんな彼女の最大の魅力といえば、やはり大胆な発言といえるだろう。

 7日深夜に放送された回でも、冒頭いきなり「彼氏募集中の指原莉乃です」と挨拶した指原。恋愛バラエティのMCとはいえ、恋愛禁止を謳うアイドルだからこそ成立している同番組で、何ら臆するところなくそんな発言をしてしまう。さらに、番組の中でSKE48およびAKB48の松井珠理奈(17)が、好きなタイプの男性として「高橋克典」を挙げたが、なぜかこれに反応した指原は「絶対ウソ」と言い切り、「キレイな人が好きだもん」「GACKTさんみたいな」と聞きようによっては高橋に対して失礼ともとれる発言を平気でする。

 また、7日深夜に放送された『HKT48のおでかけ!』(TBS系)でも、3月に行われた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「水落プロ」について言及。同番組では、後ろから落ちてくる巨大な玉に押されて水に落ちるというドッキリが放送されたが、振り返る踊りのときに「途中で玉が見えちゃって」と改めて告白。結局は水に落ち、その指原の戸惑いがかえって番組を盛り上げたが、「て止まっちゃって…。最悪でした」と感想を述べ、「スタッフさんが出すタイミング間違えちゃったみたい」と皮肉めいたことをつぶやいていた。

 他局のドッキリについて、あっさりと批判めいたことを言いながら、本人とすれば特に何も考えていない様子だ。今年2月に放送された『指原の乱』(テレビ東京系)では、ふなっしーの出身地を暴露して話題になったが、そんな発言も後先を考えない彼女ならではのものといえる。そして、そんな自然体の発言が彼女の大きな魅力なのだろう。

 そうした発言を本人がどこまで意識しているかはわからないが、そんな彼女の飾らない人柄が今の活躍を支えているのは間違いない。それにしても、いくら自然体が魅力とはいえ、ふんぞり返ったり、肘をついたりしながらVTRを見ている指原の態度はどうにかならないものだろうか。それもまた魅力と言われてしまえば元も子もないが、いち視聴者としては気になるところである。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング