ルックスありき!? 「賞味期限切れ」の声が相次ぐ伊東美咲の芸能活動再開、今後の方向性とは

メンズサイゾー / 2014年5月14日 10時0分

写真

 かつて『ランチの女王』(フジテレビ系)『タイガー&ドラゴン』(TBS系)などの人気ドラマに出演し、映画化もされた『電車男』(フジテレビ系)のヒロイン「エルメス」役で人気を博した女優の伊東美咲(36)。

 2009年にパチンコメーカー・京楽産業社長の榎本善紀氏とできちゃった結婚をし、翌年に第一子となる長女を出産してからはメディアで見かける機会がなくなっていた彼女だが、このたび約4年ぶりに芸能活動を再開することがわかった。所属事務所によると、今後は女性ファッション誌とCMを中心に活動していくという。

 それに伴い、13日にアメーバブログを開設した伊東。同日の「はじめまして!」と題された記事には「私の日々のあり方、お仕事、美容、健康、子育て、ファッション、公私共に様々な角度からUPさせて頂きますね」「このブログを愛読して下さる皆様との『つながり』を大切にして、共に沢山の幸せを見出していければと思います」と今後についての意気込みとともに、最新のものと思われる彼女の写真が掲載されている。

 伊東といえば、1月に長女を連れてコンビニで買い物をする姿を『フライデー』(講談社)に報じられた。しかし、その際掲載された写真がプライベートにもかかわらずメイクがバッチリで、同じような顔写真が2枚載っているという不自然な状況だったため、すでに撮影済みの写真をお蔵入りにしてヤラセのような形で再度写真を撮影する“撮り直し”が疑われたことも記憶に新しい。また、この時「芸能界に復帰するためにわざと写真を撮らせたのでは」との声もあり、4月には伊東の所属事務所の有料サイト内で彼女のマネージャーによるブログが開設されていた。こうして、たびたび活動再開が噂されてきた彼女だが、今回満を持して正式な活動復帰が発表されたことになる。

 結婚を機に引退状態になる前は、目鼻立ちのクッキリとした正統派美人として高い人気を誇っていた彼女だが、今回の復帰についてネット上からは辛辣な意見が相次ぐ事態に。「もう賞味期限切れ」「需要ない」「離婚間近ってこと?」といったネガティブな反応が多く、中には夫である榎本氏の会社の経営状態を訝しみ、事業の悪化から伊東が復帰しなければならない状況なのではと推測するコメントもあった。

「今後、ファッション誌やCMでの活動を展開していくという伊東ですが、かつての人気絶頂時ならまだしも、現在の芸能界で彼女が入り込めるポジションはどこなのだろうかという疑問が沸きます。好感度が重視されるCM業界では、伊東と同世代で近年再ブレイクしたと言われている井川遥(37)に注目が集まっているとの話もあり、ファッション業界ではSHIHO(37)や平子理沙(43)など、多数のアラフォーモデルたちが活躍中です。一児の母であることを武器にママモデル界に参入という可能性もありますが、長谷川理恵(40)や畑野ひろ子(38)などのほか、紗栄子(27)や益若つばさ(28)ら若手も根強い人気があり、飽和状態に近いのではないでしょうか。もし伊東に何か特技などがあればこれらの業界でも活躍することができるかもしれませんが、伊東といえば端正なルックスが最大のポイントで、それ以外にこれといった特徴はないような気がしますね。とはいえ、『フライデー』に掲載された写真では衰え知らずの美しさをキープしていましたし、このまま劣化しなければ徐々に彼女の姿を見かける機会も増えるかもしれません」(業界関係者)

 過去に演技を酷評されていたことを考慮したのか、女優としての活動については明言されなかった伊東の活動復帰宣言。これは、以前とは違う彼女のイメージを打ち出すためのキーポイントなのだろうか。今後の動向に注目したい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング