「カネ目当てか」と批判も…紗栄子、音楽プロデューサー・大沢伸一との熱愛発覚

メンズサイゾー / 2014年5月15日 19時30分

写真

 大リーガーのダルビッシュ有投手の元妻でタレントの紗栄子(27)に新恋人が発覚した。発売中の週刊誌「女性セブン」(小学館)が報じており、そのお相手は20歳年上の音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢伸一(47)だという。

 記事では、紗栄子が愛車のポルシェで大沢のマンションを訪れ、二人そろって蕎麦店でデートしている様子や、深夜に腕を組んだまま紗栄子が大沢の自宅に入って“お泊り”する姿を写真付きで紹介している。双方の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と肯定も否定もしていないが、愛しの子どもたちを置いてまで足しげく大沢宅に通っていることや写真から伝わる親密さを考えれば交際は確実だ。

 同誌によると、出会いのきっかけは紗栄子が大ファンのMr.Childrenだという。大沢は90年代にバンド「MONDO GROSSO」でデビューし、その後は音楽プロデューサーとしてクラブカルチャーを牽引。さらに09年にはミスチルのプロデューサーである小林武史さんとユニットしていた。そんな縁があり、ミスチルのライブに通っていた紗栄子は楽屋に出入りするうちに大沢と知り合い、彼の世界観にハマっていったという。

 関係者によると、出会いは半年前で先月から交際に発展したという。当初は大沢が猛アプローチしていたが「今は紗栄子の方がベタ惚れ」だといい、非常に親密な仲になっているようだ。昨年末に発売された写真集ではセミヌードを披露し、二児のママとは思えないプロポーションで世の男性を魅了した彼女だが、そのモチベーションの高さは恋愛にも向けられていたようだ。

 紗栄子が男性に求める最も大事な条件は「何かひとつのことに打ち込んでいること」だという。同誌は「決してお金じゃない。その世界のトップランナーで、尊敬できる男性に惹かれる」と分析しており、紗栄子は離婚後に“ダル以上”の社会的地位や名声のあるお相手を求めていたそうだ。「その世界のトップランナー」「大リーガー以上の地位や名声」=お金、ではないかとうがった見方をしたくなるが、それは個人の感覚なので外野がとやかく言うことではないのかもしれない。

 いずれにせよ、大沢はプロデューサーとして浜崎あゆみや安室奈美恵らの人気アーティストの楽曲を数多く手掛け、02年のFIFAワールドカップ公式アルバムに日本人として唯一参加するなど国内外で認められる“超一流”。紗栄子にとって申し分のない相手といえるだろう。

「NEWSの手越祐也やチュートリアルの徳井義実、騎手の武豊、サッカー選手の香川真司など、フリーになった彼女とウワサになった男性は数知れず。子持ちとは思えないスタイルを維持し、バツイチなのに10代の女の子のような守ってあげたくなる可愛らしさをキープしている彼女は、とにかくモテモテなんです。それでも紗栄子は誰とも交際せず、シングルを守り通していた。その理由は、別の相手と再婚すれば『ダルビッシュの元妻』という看板が使えなくなってしまうから。仕事の上でも女のプライドとしても、その看板を超える相手でなければ許せないのでしょう」(芸能関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング