「撮影している時は暇だった」のに大ブレイク! 映画『女子ーズ』に旬の女優陣が集結

メンズサイゾー / 2014年5月23日 10時0分

写真

 6月7日公開予定の映画『女子ーズ』のプレミア試写会が21日に行われ、同作で戦隊ヒーローを演じている桐谷美玲(24)、有村架純(21)、藤井美菜(25)、高畑充希(22)、山本美月(22)の5人が出席した。

 今作は、女性隊員が活躍する戦隊ヒーロー映画となっており、「名字に色の名前が入っている」という単純な理由で集められた5人の女性が悪の怪人と戦うといったストーリー。しかし、恋愛や仕事などで隊員が一同に揃うことがないというギャグ要素もあり、“ユルユルな女子戦隊モノ”に仕上がっている。

 監督は、深夜ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ(テレビ東京系)や映画『HK 変態仮面』などで知られる福田雄一氏。近年、独特の“ユルさ”が魅力の注目作品を数多く生み出し、“コメディの天才”との声もある福田氏は、今作について「こんな大事になるとは。ひっそり作って、ひっそり単館で公開するつもりだった」「二度と集まらないメンバーと言われるくらいになっちゃいましたけど」と語り、桐谷をはじめとする旬の女優陣が集結した映画になったことに驚きを隠せない様子であった。

 福田氏の言葉にある通り、今作は最近ブレイクしたと言われている女優陣が顔を揃えている。それについて福田氏は「(高畑と有村について)この2人なんて、当時は結構暇だったのに(笑)。短い間で状況が変わった」と話し、撮影当初は彼女たちのブレイクを予測していなかったことを明かした。この奇跡とも言えるキャスティングも手伝い、同作はネット上でも「いいキャスティングだ」「こんなかわいい子揃いの戦隊モノ見たことない」と、公開前から大きな期待を寄せられている。

 また、試写会で桐谷は「コスチュームを着た時はうれしくてしょうがなくて、自然とポーズを取りたくなりました」とイキイキとした笑顔を見せ、同作に出られたことにご満悦な様子。『NEWS ZERO』(日本テレビ系)の火曜日キャスターを務めるなど、インテリな印象もある彼女だが、それとはまったく違うイメージのヒーロー役に大満足のようだ。

 その一方で、試写会では二の腕が大きく露出する衣装を着ていたことから「二の腕が細すぎて心配」と、かねてからささやかれている“激やせぶり”が再度注目されてしまった桐谷。本人いわく「健康体」とのことだが、激やせと同時に肌の荒れ具合も指摘されることが多いため、体調管理には十分気をつけてほしいところだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング