知念里奈、榎本加奈子、井上和香など、1980年生まれの女性タレントが再注目され始めた理由

メンズサイゾー / 2014年5月26日 10時0分

写真

 18日に行われた競馬イベントに登場した榎本加奈子や、20日に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した知念里奈など、1980年生まれの女性タレントが再注目されている。

 当メンズサイゾーでも、彼女たちの活躍は、『バツイチ子持ちとなった知念里奈、「33歳には見えない」美貌で再評価』や『いまだに芸能人オーラがプンプン! 榎本加奈子、久々登場に「相変わらずキレイ」の声が続出』と記事にされるなど、ネットユーザーたちも2人に注目。久々にカメラの前に登場し、変わらぬ美貌を披露した彼女たちに賞賛の声が寄せられている。

「知念さんや榎本さんなど、いったんテレビなどの表舞台から退いた人もいますが、1980年生まれといえば、優香さん、眞鍋かをりさん、新山千春さん、酒井若菜さんなど、グラドルからタレントや女優に転身した人も多くいます。そんな彼女たちとの対比が新鮮な印象を与えるのかも。芸能活動を続けてきた人々にはあまりスキャンダルというのがありませんが、知念さんは元旦那が逮捕されていたり、榎本さんは不倫の末の結婚だったりと、プライベートでかなり週刊誌をにぎわせた印象もありますからね。ずっと表舞台にいたタレントにはない刺激があるというわけです。元々知名度はあるわけですから、テレビに出れば話題になるのは当然ともいえますね。これだけのタレントがいるわけですから、1980年生まれの女性タレントを集めた番組など面白いかもしれませんね。なかなかスキャンダラスな話も聞けそうですし(笑)」(業界関係者)

 月9ドラマ『極悪がんぼ』(フジテレビ系)に出演し、その体当たりな演義が話題を呼んでいる井上和香なども知念や榎本と同学年。確かに、この関係者が言うように、1980年生まれには女性タレントが豊富なようだ。ほかにも例を挙げれば、現在バラエティで活躍している熊切あさ美や、昨年『アウト×デラックス』(同)で、ぶっとんだ姿を見せた鬼束ちひろなどがいる。

「今のテレビ界では、F2層と呼ばれる35歳から49歳までの女性をターゲットにしたバラエティがよく作られます。何といっても時間があり、お金を持っているのは彼女たちですからね。今ブレイクしているタレントさんは、マツコ・デラックスさんなど、その層から支持されている人ばかりです。最近では、一時期芸能界から離れていたヒロミさんが再ブレイクしていますが、それも彼を見て育った世代をターゲットにしているからだといえます。知念さんなどが、バラエティに出たのもF2層に向けての“懐かしい~”という感情を狙ってのことでしょうね。」(放送作家)

 1980年生まれのタレントたちは、今のバラエティ番組の視聴者ターゲットに適していると、この放送作家は言う。しかし、いくらターゲットにぴったりだとしても、そのタレントが売れるとは限らない。まずは視聴者の反応を確認する必要がある。これからのテレビでは、1980年生まれのタレントたちがバラエティに登場しては、静かに消えていく姿が見られるかもしれない。誰が再ブレイクの切符を手にするのか楽しみだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング