玄関チェーンを破り浮気現場に突入!? 矢吹春奈、火事場の馬鹿力

メンズサイゾー / 2014年5月29日 16時0分

写真

 28日深夜に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)にタレントの矢吹春奈(29)が出演。元交際相手の仁科克基(31)の浮気現場を目撃し、今年2月に破局したことで一躍知名度を上げた彼女が、同番組で修羅場となった現場について改めて言及し、再び注目を浴びている。

 この日、矢吹は「お嫁に行きたい女たちSP」の一員として、大林素子(46)や吉澤ひとみ(29)などと共に登場した。それぞれのゲストが結婚したい理由を赤裸々に語り番組を盛り上げる中、矢吹は理想の結婚相手として「誠実な人がいい」と、仁科の件に触れてくださいと言わんばかりの返答。案の定、トークを促された矢吹は、仁科が浮気相手とベッドの上にいたことを振り返った。

 当時、交際していた仁科のマンションに遊びに行ったが、いくらインターホンを鳴らしてもいっこうに出てこないことを不審に思い、合鍵を使って部屋に入ったと語る矢吹。しかし、その際、玄関チェーンがかかっていたにもかかわらず、それを破壊して家の中に侵入したというのだ。矢吹は「私、力強いんですよ」と言っていたが、果たしてそんなに簡単に玄関チェーンは壊れるのだろうか。

 ネット上でも、この矢吹の発言は疑問視されているようで、「さすがに無理」「盛りすぎ」「できるわけない」などといったコメントが寄せられている。しかも、本人曰く、何か道具を使ったわけでもなく、何度もトライしたわけでもなく、「1回で」壊したというのだから驚きだ。

「確かに矢吹さんが浮気現場を目撃した際には、内鍵を壊して部屋に侵入したと彼女の友人を名乗る人物がスポーツ新聞の取材で証言していましたね。ただ、あくまでも友人の話ですから、何かの話が大きくなってそれを記者に伝えた可能性は高いです。しかし今回の矢吹さんの証言で、それが本当だったことがわかりました(笑)。とはいえ、今となっては誰も証明できる人はいませんし、まして仁科さんが“チェーンなんてしてなかった”とは言わないでしょうし、いちいち疑うのも野暮な話です。彼女の言葉を信じるしかないですよ(笑)。しかし本当にチェーンなんて壊せるのでしょうか。そんな鍵なら意味なんてないですよね…」(業界関係者)

 言葉を濁しながらも、大きくなった話に矢吹自身が乗っかったのではないかと推測する関係者。つまり、ポッと出た友人の証言のほうが刺激的で面白いと矢吹が判断し、自分でも披露したのではないかというのだ。もちろんテレビで堂々と話すのだから、仮に若干事実と異なる部分があったにせよ彼女には“この話でイケる”という確信があるのだろう。ネット上でも、「火事場の馬鹿力」「女が怒ると怖い」など、追い込まれた女性の底知れぬパワーだという声も聞こえる。女の勘のように、男性にはなかなか理解できない力を女性は秘めているのかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング