「ゆるすぎて意味がない」の声も…AKB48選抜総選挙、厳戒態勢アピールも実態は“ザル警備”との指摘

メンズサイゾー / 2014年6月8日 14時0分

写真

 AKB48選抜総選挙の開票イベントが7日、東京・味の素スタジアムで開催され、雨の中詰めかけた約7万人のファンが結果に一喜一憂した。選挙結果はAKB48の渡辺麻友(20)が、速報2位からの逆転で初のトップを獲得。一方、昨年1位で下馬評では二連覇確実といわれていたHKT48の指原莉乃(21)は2位に陥落し、舞台裏で悔し涙を流した。また、乃木坂46からAKB48への“交換留学生”として初参戦した生駒里奈(18)が14位に入り、いきなりの選抜メンバー入り。SKE48、NMB48、HKT48といった地方グループの勢いが目立ち、姉妹グループと兼任のないAKBメンバーで選抜入りしたのは6人しかおらず“過半数割れ”する事態になった。

 先月、メンバーの川栄李奈(19)や入山杏奈(18)らが握手会で男に切りつけられる事件が発生し、厳重警備がしかれていたことから開票イベントは混乱が予期されたが、特に目立ったトラブルもなく無事に終了。だが、今までとは違ったさまざまな“異変”が散見され、やはり襲撃事件が与えた影響は大きかったようだ。

 会場では入場前に金属探知機チェックと荷物検査が行われ、ファン全員に実施された。すでに劇場公演では同じチェックが行われているが、これほどの大イベントでは初めてのこと。金属探知機は劇場で使われたゲート式ではなく手持ちタイプ122台が用意され、合計106人の警備員がチェックに当たった。

 当日は大雨。いくら事前に告知があったとはいえ、万単位のファンをチェックすれば尋常ではない時間が必要になり、混乱が生まれるのではないかと心配された。会場入り口では「ピー、ピー」という金属探知機の警報が絶え間なく鳴り響き、チェックに引っかかる人が続出。問題なく通過できる人の方が少ないくらいだったようだ。

 ところが、なぜか入場はスムーズに進行。開演時間が45分遅れてしまったものの、雨の中、これだけの人数の観客をさばいたことを考えれば十分に合格点といえる。だが、なぜ金属探知機チェックに引っかかる人が多かったのに入場スピードが早かったのか。

「チェックのレベルが警備員によってバラつきがあり、金属探知機が反応しているのに入場者を通してしまう人も多かった。探知機が鳴っても入場者が『ベルトのせいです』と言ったら、それを鵜呑みにしてしまう。ガムやタバコの銀紙、服の金具などでも反応してしまうため、いちいち鳴らなくなるまでチェックしていたらキリがないという感じでした。また、手荷物検査もカバンを開けただけで中まで調べずに終わらせるような担当者が少なくなかった。それが結果的に入場のスムーズさにつながったわけですが、これでは『厳重警備はパフォーマンス』といわれても仕方ない。握手会と違って“接触イベント”ではないわけですから、ここまで大げさな見せかけだけの警備をする必要があったのか」(アイドルライター)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング