伝説の“リス食い”再び!? 何をやってもやっぱり可愛い北川景子

メンズサイゾー / 2014年7月11日 14時5分

写真

 10日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「新・食わず嫌い王決定戦」に、女優の北川景子(27)が木村拓哉(41)とともに登場。およそ6年ぶりとなる同コーナーへの出演だったが、放送前から「あのリス食いが再び見られるのか!?」と注目を集めた。

 2008年、俳優の唐沢寿明(51)と対決した北川は、さばの味噌煮やアボガドを頬張る姿が、あまりにも下品で豪快すぎると話題になると、ネット上には「食べ方が汚い」「美人なのに残念」などといったコメントが散乱。「北川景子」と検索ワードを打ち込めば、上位の予測ワードとして「食べ方」と出てしまうほどで、口にものを詰め込んでいる画像は無数にアップされている。

 その後、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)や『TOKIOカケル』(同)に出演した際の食事シーンでも、その独特なリス食いを披露した北川。口いっぱいに食べ物を詰め込むと、頬を大きく膨らませながら、喋り、大口を開けて笑うのだった。そんな北川には、またしてもネット上で、「ガサツすぎ」「まるでオヤジ」といったコメントがあふれ、美人女優とは思えない仕草に、ユーザーたちも呆れかえっていた。

 もはや鉄板ギャグのように期待されている北川のリス食い。今回の「食わず嫌い」でも、再びそれが見られるのではないかと注目を集めたが、どうやらかなり改善された様子で、ネット上では、それを残念がるような声も見られた。しかし、それでもマグロの赤身の握りを食べた際の北川は、若干ながら伝説のリス食いを彷彿とさせる仕草を見せ、これには多くの視聴者が思わず「キター!」と叫んだことだろう。

「今回の出演はもちろん、今クールの新ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の宣伝だったわけですが、そうした場合のバラエティ出演でも北川さんは常に全力で取り組むので、スタッフ受けはかなりいいですよね。とんねるず、特に石橋さんの意向がかなり強く反映する『みなさんのおかげでした』に何度も登場していますが、それも彼女の人柄の良さを証明しているのではないでしょうか。気に入らないとなれば、どんなに局や事務所がプッシュしていようが出演させませんからね(笑)。それだけ北川さんの性格が良くて、キャラクターが面白いということなのでしょう。ガサツな食べ方もキュートで可愛らしいですよね」(バラエティ放送作家)

 初めてリス食いを披露した際には、「残念」「綺麗なのに」と視聴者から溜め息をつかれていた北川だが、今となっては、そんな姿も「可愛い」と評判。今回の放送でも、箸の持ち方がヘタだとか言われているが、それ以上に「やっぱり可愛いすぎ」「なにをしてもキレイ」といったコメントが多数だ。そんな彼女の隣で石橋が「どうにかならんもんかね~」とぼやいていたが、あれだけ可愛くて綺麗で、人柄も良いよなれば、確かに「どうにかしたい」ものである。残念な一面すら飾らない魅力として認知され始めた北川景子。ますます人気は高まりそうだ。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング