篠田麻里子のブランド「ricori」が突然の営業停止! やっぱり強気の価格設定が裏目!?

メンズサイゾー / 2014年7月17日 8時0分

写真

 元AKB48の篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori」が全店営業停止となったことが明らかになった。ricoriは公式Twitterで16日、「誠に突然ではございますが、2014年7月15日付けをもちまして、ricoriは全店閉店致しました」と報告。さらに「これまでご愛顧を頂きましたことに、心から感謝致します」と約1万8000のフォロワーに向けて感謝を語っている。

 ricoriは、幼い頃からブランド立ち上げを夢見てきたという篠田がデザイナー兼プロデューサーとして携わるファッションブランドで、「麻里子」のricoとスペイン語で「かわいい・美しい」という意味を持つricoを融合させて名付けられた。第一号として、昨年2月に東京の新宿ルミネエスト店がオープン。その後、大阪や福岡にも開店し、ウェブストアも展開していた。

 企業の信用調査を行う帝国データバンクによると、ricoriを運営していた株式会社リゴレは、負債の額は明らかになっていないものの、今後は自己破産を申請する見通しだという。これを受けて、ネット上では「急だったな」「2年もたなかったか……」「マリコ様、これからどーすんの?」という声が上がっている。

「ricoriのブログでは、つい最近までスタッフがオススメ商品の紹介やセール情報などを書き込んでおり、本当に急な営業停止という感が否めません。ただ、大阪の店舗では今月に入って70%オフという在庫処分ともとれるセールを展開しており、『今考えれば予兆だったのか』という声が上がっています。もともと、10代~20代前半という若年層をターゲットにしているわりにはタイツが4000円、ソックスが1500円など値段設定が高めで、デザインも『ダサい』と不評だったため、来店客のほとんどはウィンドウショッピングといわれていました。昨年の8月に心斎橋オーパ店がわずか半年で閉店した際には『あくまで他店舗との統合のため』としていましたが、やはり運営は厳しかったようですね」(芸能ライター)

 ricoriの営業停止を受けて、篠田はTwitterで「ricoriが閉店する事になり大変驚いています。私篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です。今までricoriを応援してくれたみなさんありがとうございました」とコメントを寄せている。

「『去年まで』『アドバイザー』と強調していますが、篠田は以前にインタビューで『名前だけを貸すようなやり方はしたくない』『自分がプロデュースするからには、全ての工程に関わりたい』と語っており、全面的に携わっていたはずです。以前には『AKBとXX』(日本テレビ系)でわざわざショップの紹介をするなど、ゴリ押しともいえるプッシュをしていましたから、この手のひら返しにはネット上でも『ひどい』『逃げ足が速い』と苦笑を呼んでいます。もちろん、経営面にはタッチしていなかったでしょうから、今回の営業停止はすべてが篠田の責任ではないですが、少なからず彼女のタレントイメージに傷をつけることは免れないでしょうね」(同前)

 篠田といえば、AKB卒業後に露出が激減したことから「オワコンか」といわれることもあった。現在、ドラマ『家族狩り』(TBS系)に金髪ロングヘア、耳から口にチェーンをぶら下げるという不良役で出演しているが、AKB時代から「オシャレできれいなお姉さん」的な立ち位置だった篠田にしてみれば、ファッション分野での活動をメインに据えていたことは明白だ。彼女の今後を案じる声もあるが、本当に真価を問われるのはこれからともいえるだけに、これからの活躍に期待したいところだが……。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング