息子の同級生と… 現役感バリバリの安達有里が相変わらず暴走気味

メンズサイゾー / 2014年8月8日 14時20分

写真

 7日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、安達祐実(32)の母でタレントの安達有里(56)が出演。ミニスカートにキャミソール姿という、まるでギャルのような格好で登場すると、さっそくMCのマツコ・デラックス(41)から、「現役感がすごい」と感心と呆れが混じったような言葉をかけられていた。

 さらにマツコから「今朝ヤってきたような」と言われると、「あんまりそこには興味がなくて…」と声を漏らしながら、「誰とでもデートしちゃう」として番組に登場していたが男性との肉体関係については否定した。安達曰く、「わーって楽しいのが好き」というノリで、多くの男性と交友関係を持っているとのことだった。

 しかし、彼女が遊ぶ相手というのが、21歳の息子の同級生だというから、そのパワフルさには舌を巻く。「よく家に息子の同級生が遊びに来る」と話す安達は、息子が家にいない時でも友人たちがいることもザラにあると語り、その延長線上として、息子の同級生と飲みに行ったり食事に行ったりするのだという。彼女は「浅草だから」と弁解していたが、下町ではそんな光景は当たり前の様子。これにはマツコも、「混沌としてるのね」とうなずいていた。

 昔から息子の友達や弟の仲間たちが家に遊びに来ては、麻雀をしたり、食事をしたりしていたと話す安達。今では弟は遠方に住んでおり、なかなか会っていないと言いながら、その仲間たちは安達家に遊びに来ては彼女と一緒に遊んでいるという。そんな特殊な環境を、疎ましく思っているのか、安達の娘である安達祐実といえば、なかなか家に近づかないようで、母とは「都心に出てきて」会うらしい。娘にしてみれば、母親が息子の同級生たちと仲良く遊んでいる光景など、あまり見たくないのかもしれない。

 さらに安達は、海へ行くとビキニを着ると言い、今年も肩紐のない「流行りのバンドゥ」を買ったのだと自慢。56歳でチューブトップタイプのビキニを着るのだから大したものである。かつて全身脂肪吸引をして話題になったことがあるが、そんな安達とすれば、自らの肉体を披露したいのかもしれない。マツコも思わず、「絶対ヤってんだろ!」と叫んでいたが、確かに嬉しそうにビキニについて話す安達は、性的な魅力とバイタリティにあふれていた。息子の同級生と“間違い”があってもおかしくないような雰囲気ではあった。

 かつては安達祐実のステージママとして活躍し、突如ヘアヌード写真集を出したかと思えば、52歳のときには、イメージとはいえ、AV作品に出演した安達。一時期は世間を賑わせた彼女のタレント活動だったが、今では落ち着き、ほとんどテレビで見ることはなくなっていた。しかし、今回の番組での彼女は、マツコが言うように、まだまだ現役感に満ち、その力強さは衰えるどころか増しているようだった。そんな安達とすれば、そろそろ何かを仕かけたくてウズウズしているのかもしれない。AV以上のインパクトがあるかはさておき、還暦間近にもかかわらずビキニを着て息子の同級生と遊ぶ安達なら、再び世間を驚かせてくれることだろう。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング