「ヘタなAVよりヌケる」と話題のドラマ『アラサーちゃん』、今度は騎乗位で激しく動く壇蜜の乳首がチラリ!?

メンズサイゾー / 2014年8月12日 9時0分

写真

 「週刊SPA!」(扶桑社)で連載されている元AV女優の漫画家・峰なゆかの同名4コマ漫画を実写化したドラマ『アラサーちゃん 無修正』(テレビ東京系)。第一話では「アン、アン…」という壇蜜演じるアラサーちゃんのあえぎ声が漏れるセックスシーンや、バックで突かれる壇蜜が「ぬんっ…」と白目を向く“マジイキ顔”をさらし、みひろが演じるゆるふわちゃんは、キングオブコメディ・今野浩喜が演じる大衆くんとベッドで「なんか入った…」「私、実は初めてなの」という妄想エロシーンを展開するなど、初回から「期待以上のエロさ!」と絶賛されていた。この「地上波ギリギリのセックスシーン」に放送コードを心配する声も一部ではあがっていたが、どうやらその勢いは増すばかりのようだ。

 8日深夜に放送された第三話では、自称サバサバ系のサバサバちゃんや、29歳で処女をこじらせた非モテちゃんが初登場。「天真爛漫を装って周りを落とす女は恐ろしい」「セックスするメリット・デメリット」などのエピソードが放送された。

 「セックスで1人H ~ただいま妄想中~」というエピソードでは、下着姿の壇蜜がベッドで川村陽介演じるオラオラくんに体をまさぐられているところからスタート。「もっと声出せよ」と言われると「ダメ! 声を出しちゃ。だって隣の部屋には両親が寝てるんだもの。聞こえたらどうしよう」と心の中で妄想を展開し、あまりに入り込んでバレそうになってしまう。

 しかし、その後壇蜜は「チンコでオナニーしちゃいまーす」というセリフをカメラ目線で言い放つと、バックで突かれながら「夫がいるのに、見ず知らずの洗濯屋さんに犯されて感じちゃう」という妄想を展開。さらに、騎乗位になって両手で自分の乳房をつかむ格好で妄想セックスを継続したが、この際、壇蜜の乳首が見えたのではないかとネット上で話題になっている、画像掲示板では「乳首見えた」「壇蜜だいぶ攻めてるなぁ」というコメントとともにキャプチャ画像であふれている状況だ。

「両手からこぼれんばかりのボリュームたっぷりなバストはそれだけでド迫力でしたが、騎乗位で激しく動いているせいか、それらしきものが指の間から覗いています。いずれにせよ、照明を落とした暗いシーンだったので微妙なところではありますが…(笑)。エッジのきいた下ネタが満載の原作を忠実に再現している同ドラマですが、毎週過激なセックスシーンが放送されているだけに『ヘタなAVよりヌケる』『テレ東の本気を見たい』という声まで上がっています。初回の放送で『売れても脱ぎ惜しみしないのが素晴らしい』と改めて評価を上げた壇蜜ですが、このドラマではコメディエンヌとしての才能も発揮していますし、期待を裏切らない吹っ切れたエロ演技を見せてくれていますね」(同)

 同ドラマでは、第二話から番組の終盤に壇蜜、みひろ、原作者の峰の3人による「アラサー女子のお悩み相談」が放送されている。先日の放送では、W不倫に踏み込むべきかどうかという相談者からの悩みが紹介され、慰謝料に話が及ぶと壇蜜が「この歳でセックスして金取られたくないですね」とつぶやく場面もあった。今後はさらにキワドい悩み相談も予想されるだけに、思わずこぼれる本音トークも見逃せないところだ。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング