バラエティ番組のMCにも進出する有村架純、有田哲平をメロメロにするその魅力とは

メンズサイゾー / 2014年8月12日 19時30分

写真

 11日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、女優の有村架純(21)が出演した。昨年、放送された連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK)でのブレイクから、順調に活躍の場を広げている彼女は、Hey!Say!JUMPの岡本圭人(21)との熱愛報道の影響もあまり受けず、ネット上での評判も上々といえる。

 今回の放送でも、有村の姿を見た視聴者らは「可愛い」「天使すぎ」「正統派美人」といったコメントをネット上に投稿している。ブレイクしたての若手にはある程度アンチがつきものだが、有村にはそういった人々をも取り込む不思議な魅力があるのかもしれない。

 そんな有村には、くりぃむしちゅーの有田哲平(43)もかなり熱を上げているようで、彼女が番組に登場すると拍手で迎えるのも忘れて、ただ呆然と見つめるだけ。ようやく、相方の上田晋也(44)から「有田さんも注目していたでしょ」と話を振られて、「5年くらい前に共演して以来、ずっと見てきた」と言い、その純粋な魅力から「絶対売れると思ってた」と有村に対する並々ならぬ思いを語っていた。

 その後も、番組の中で有村の「私設マネジャー」を名乗る有田は、彼女が出演する舞台や特技について語るなど、終始有村への熱意を伝え続けた。そのテンションは、先日同番組に出演した、同じく『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈(21)のときとはまったくの別物。

 ビートルズが好きで、メロディを少しでも聞けばその曲名を当てられるほど、好きなことにとことんこだわる有田にとって、有村架純という若手女優への熱意は相当のものなのだろう。番組の途中では、チュートリアルの福田充徳(39)が、「この人、ガチで好きなパターン」とツッコむほどであった。

 ネット上などでは、CM契約本数で圧倒していることから、『あまちゃん』で本当にブレイクしたのは能年ではなく有村なのでは、という声も多いが、純朴ながら捉えどころのない魅力にあふれている能年に比べ、有村の純粋な魅力には癖がない。そんな透明感のあるイメージがCMの起用につながり、有田の心にも響いたのかもしれない。

 また、番組の中では得意だという料理にちなんで、彼氏の胃袋をつかむという設定で『しゃべくり』恒例の即興コントが行われたが、きっちりとバラエティに対応した有村。徳井義実(39)を彼氏に見立てたコントでは徳井の関西弁に口調を合わせ、有田と上田を相手にした際には、有田から求婚されるという予想外の展開にも動じず、上田に向かって「お父さんみたいな人がいい」と言うなど、キッチリとオチをつけていた。こうしたアドリブに強い点は、自分の世界を突っ走る能年とはまったく別の魅力といえるだろう。

 そして、そんなバラエティ能力の高さが買われたのか、12日の深夜からは、『アリさん』(フジテレビ系)というバラエティ番組のMCを担当する有村。しかも、共演するのは同じ“アリさん”である有田と有吉弘行だ。有田と有吉といえば、今のテレビバラエティを牽引するといっても過言ではない2人だけに、そんな彼らに挟まれて有村がどんな姿を見せるのか楽しみである。

 それにしても、これほど有村のことを好きだと公言しながら、ついには共演者という立場をつかむ有田の力はすさまじい。近いうち、ローラに続いて、有田のマンションから出てくる有村の姿でも激写されるかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング