「今夜どう?」女優デビューの脊山麻理子、いきなりビキニ姿で挑発シーン!

メンズサイゾー / 2014年8月18日 17時10分

写真

 7月から放送されている高橋克典主演のドラマ『匿名探偵』(テレビ朝日系)。同ドラマは2012年10月クールで放送された第1シリーズの続編となり、毎週金曜深夜に放送されている。

 高橋演じる匿名の私立探偵が、毎回さまざまな女性から持ち込まれる依頼を解決していくという内容の同ドラマ。15日深夜に放送された第6話「探偵と口がうまい女」では、元女子アナの脊山麻理子が出演、女優デビューを飾った。

 原田夏希演じる清純派の女子アナがブログに中傷を書き込まれたり、盗撮の被害に遭っていることから、高橋が映像ディレクターを装い、局内に侵入することになる。そこに、原田の同僚アナで最近水着写真集を出版した脊山が高橋に売り込みをかけ、「今夜早速どうですか?」「女子アナの秘密、いっぱい教えちゃいますよ」と耳元でささやき、ホテルに連れ込むことに...。

 ベッドの上で、会社のグチを言いながらおもむろにワンピースを脱ぎ出す脊山。「写真集と同じ水着」という真っ赤なビキニ姿になり、高橋の前でグラビアさながらの決めポーズを見せて挑発する。しかし、高橋の身分が嘘だったことがバレると「ディレクターだって言うからついてきたのに」「取材じゃないなら帰ります」と態度を一変。さっさと帰ってしまうという、計算高い女子アナを演じた。

 これを受けて、ネット上では「ハミケツ水着キター」「マンスジが浮いてた」「相変わらずエロい体だな」と、脊山のセクシーシーンを絶賛する声とともに、劇中の水着姿のキャプチャ画像が貼られている。

「女子アナのスキャンダルが殺人事件に発展するというシリアスなテーマの中で、脊山のシーンは本筋とは関係なかったものの、強烈な印象を残したようですね。劇中で着用していたワンピースと水着はすべて自前で、小道具の写真集も実際に撮り下ろしたようですから、かなり気合が入っているといえます。脊山といえば、週に3回はジムに通い、食事にも気をつけてウェストのサイズなどを保っているそうですが、そういった努力の賜物なのか、そのボディラインには絶賛の声が相次いでいますね。また、同ドラマではマッサージ師を演じる原幹恵が毎回露出度の高い格好で登場し"セクシー担当"として知られていますが、今回もしっかり谷間を強調していましたね。さらに、AV女優の川上ゆうは高橋が働く探偵事務所の隣人で、露出の多い格好で部屋の中にいる姿をうっかり見られてしまうという役どころを演じており、もともと"サービスショット"の多いドラマではありましたが...(笑)」(芸能ライター)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング