「13万円のサンダル愛用」 SKE48・松井珠理奈の恐るべき大物ぶり

メンズサイゾー / 2014年8月19日 21時30分

写真

 SKE48の松井珠理奈(AKB48兼任=17)が、AKB元メンバーの篠田麻里子(28)や野呂佳代(30)とともに17日放送の『ウチくる!?』(フジテレビ系)に出演した。番組中、私服がダサイという松井に篠田が洋服をプレゼントするシーンがあったが、そこに映りこんだ松井の私物のサンダルが高価すぎると話題になっている。

 松井のサンダルが画面に映ると、ネット上の一部ファンがブランドの特定作業を開始。ファンとしては、お気に入りのメンバーがプライベートでどんな靴を使っているのか知りたかったようだ。

 程なく、そのサンダルは若い女性に人気のブランド「miu miu(ミュウミュウ)」の商品であることが判明。ところが、そのサンダルがネットショップで参考価格13万4600円の値がついていることが分かると、ファンの反応は微妙なものになった。17歳の松井が持つにしては、あまりにも高額すぎると感じたネットユーザーが多かったためだ。

 ネット上では「AKBが給料安いなんてウソだな」「17歳でこんな靴はいてたら金銭感覚がおかしくなりそう」「俺なんか980円のサンダルだよ」「珠理奈さんにメシでもおごってもらいたいわ...」などといった、あきれと嫉妬が入り混じった意見が飛び交っている。

 AKB選抜メンバーの一般庶民の感覚からは外れた稼ぎっぷりがあらわになったともいえるが、これは松井だけが特別なのではないかとの声も上がっている。

 松井といえば、今年6月に深夜まで東京・麻布十番の一食2万円は下らない高級ステーキ店で運営幹部らと食事を楽しんでいたと「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた。記事によると、松井は未成年にもかかわらず、深夜1時過ぎまで高級料理店で日常的に外食を繰り返し、芸人やバンドマンとも夜遊びしているという。さらに、松井にはコンシェルジュ付きの高級マンションが与えられ、ほかのメンバーがバスで遠征する際も彼女だけ新幹線を使うことが許されるなど、特別待遇を受けていると伝えられていた。

 松井は08年にデビューした直後から総合プロデューサーの秋元康から寵愛を受け、同年に発売されたAKB48のシングル曲「大声ダイヤモンド」で早くも選抜&センターに抜擢。異常なまでに運営の"推し"が強く、エリート街道を突き進んできた。

「通常、メンバーはAKS(AKBの運営会社)預かりでスタートし、人気が高まってくると他の事務所に移籍する。それがAKBのコンセプトのひとつです。しかし、松井は現在もAKS所属で運営幹部にベッタリ。待遇はもちろんのこと、収入面でも他のメンバーに比べて特別扱いを受けています。当然、それだけ仕事をこなしているわけですが...。小学生のころから特別待遇で芸能界に染まり、業界の"偉いおじさん"たちと夜な夜な会食しているため、17歳らしさはまったくない。年齢にふさわしくない高級サンダルも、その象徴のひとつといえるでしょう」(芸能関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング