ゆるゆるパンティーがずり下がり、ブラジャーの中に数珠...グラドル・小林恵美が自虐ネタで息を吹き返す!?

メンズサイゾー / 2014年8月20日 17時0分

写真

 フットボールアワー・後藤輝基とチュートリアル・徳井義実、モデルのSHELLYがMCを務め、毎回さまざまなゲスト3人がトークを繰り広げる『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)。19日の放送では、「2000年ごろ袋とじ的な事になっていた女達」として時東ぁみ、矢吹春奈、小林恵美が登場した。

 MEGUMIの妹分として、週刊誌などのグラビアを中心に活躍していた小林。今は活動の場をネットに移しており、「理想の旦那の話」「今日のご飯の話」などを月に一回、1時間のペースで配信しているという。

 現在、テレビの仕事はほとんどなく、「久しぶりのスタジオなのでちょっと緊張してる」という小林。以前、「ひどい時は月収3万円」と明かしていたが、「あの後もう一回よく調べたら、1万8000円っていうのが...」と実際はさらに低収入だったようだ。「5年前くらいに買った高い服を着たり」と、普段の私生活では困窮している様子を見せないそうだが、波が激しいようで「8月、マジヤバいんですよ」と訴えていた。

 時東から「世代も違うし年齢も違うので何をされている方かわからない」と指摘された際、「グラビアアイドルでけっこう一世を風靡したんだけど」と切り返してみせた小林。さらに、時東が現在DJとしても活動していることから「グラビアアイドルがDJやったら終わりだと思うんですよ」と反撃する場面も。

 そんな小林は「いっぱい集めた方が願い事が叶うのかなと思って」と、紙袋いっぱいのお守りを持っているといい、徳井に「ドラゴンボールじゃないから」と呆れられていたが、「東京都内の縁結びに関する神社は全部行きつくした」という。以前、グラビアで写っている自身の顔が「いつもと違う」と感じて行きつけの霊媒師に相談に行った際「キツネが憑いてる」「普段、しゃべってるときに語尾に"コン"ってついてるわよ」といわれ、取り払ってもらったことがあるという。

 さらに、「20代くらいの男性の霊が憑いたことがあって」「そのときはすっごいムラムラしたんですよ」と過去の霊媒体験を語る小林。後藤から「そういう暗示にかかりやすい」と言われると「事実です」と真顔で否定していた。

 また、小林は「三度の飯よりハマってる事」に「第二検索ワード」を挙げており、「グラビアアイドルは第二検索ワードに"枕営業"が多いんですよ、"愛人"とか」とグラドルのイメージについて言及。矢吹から「私は?」と聞かれると「調べたら"やりまくり"だった」と明かして爆笑を誘っていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング