「家族崩壊してるのに...」広末涼子の家族バラエティ出演に皮肉の声も、変わらないルックスは大絶賛

メンズサイゾー / 2014年8月26日 17時35分

写真

 笑福亭鶴瓶がホスト役を務め、毎回さまざまなゲストとステキな家族を求めて日本中をめぐる『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)。25日には女優の広末涼子が登場し、鶴瓶とともに千葉県南房総市の白浜を訪れる様子が放送された。

 高知県出身の広末は、「地元のような海沿いの町を旅したい」ということで、白浜を訪問地に選んだようだ。冒頭で「台本がなくてロケをするのって初めて」「自分のキャラ設定がわからない」と戸惑いながらも、「カメラ回ってなかったら意味なく走ったり」とはしゃぐ様子を見せる広末。鶴瓶から、地元について聞かれると「祖父の代の広末金物店からはじまり、広末ビルになりました」と実家の歴史について語る場面も見られた。

 磯料理の食堂に入った後は、創業58年という雑貨屋に入った2人。そこで陶芸品やガラス工芸品に触れた広末は「陶芸とか物作るのとか、習字とか華道とかやりたいんです」と語り、その後は鶴瓶と別れて陶芸作家に会うために眺尾橋に向い、73歳の美容師がつくったという貝細工を見せてもらうなどした。

 この日の広末は髪を後ろで結び、半袖のニットに白いショートパンツという格好だったが、ネット上ではその姿に「やっぱりかわいい」「子持ちにはとても見えないな」という声が上がっている。

「一部では『さすがに老けたな』『もう34歳か』と劣化を指摘する声もありますが、それでも『老けたけどやっぱりキレイ』とルックスを絶賛する意見が多いですね。ただ、広末といえば2月にピンヒールに網タイツという姿で佐藤健の自宅を訪れる姿が週刊誌に報じられ、不倫疑惑が浮上していました。先月には夫であるキャンドル・ジュン氏とついに離婚協議に入ったともささやかれており、2人はすでに仮面夫婦のような状態になっているといわれています。そういった経緯があることから、『家族が崩壊してるのに"家族に乾杯"って』と皮肉るような声もありますね(笑)。番組でも、84歳のおばあちゃんが『男はみんな浮気する』と言った際に何とも言えない微妙な表情をしていたのが印象的でしたが...」(芸能ライター)

 19日にスタートしたドラマ『聖女』(NHK)に主演している広末。同ドラマの中で、連続殺人の容疑者という初の悪女役を演じており、11月公開の映画『想いのこし』ではヒロインを務めることも決定しているなど、今後も女優としての活躍が続く。

「『聖女』では、年下男性を誘惑するという設定だけに『不倫疑惑を彷彿とさせる』と放送前から話題になっていましたが、初回の放送から永山絢斗とのベッドシーンが回想されるなど、期待通りの過激さでした。『想いのこし』でも、露出度の高い衣装でセクシーなポールダンスを披露するという役柄ですし、ここにきて一気にエロ路線に舵を切ったといってもいいでしょう。不倫疑惑が契機になったというのは言いすぎですが、清楚キャラからの脱皮を図ることで女優としての振り幅は大きくなりそうですね」(同)

 出産を経ても体型が変わらず、いまだにその透明感を保っている広末。そんな彼女が今後"熟女エロス"を出し惜しみしないとすれば、男性諸氏にとってはうれしい限りだろう。次回、9月1日放送の『鶴瓶の家族に乾杯』では広末の後編が放送されるだけに、そこでどんな"家族トーク"が展開されるのかも、注目したいところだ。
(文=津本ひろとし)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング