オーガズムに関する恐ろしい調査結果...女性は同性愛者との方が達しやすい!

メンズサイゾー / 2014年9月15日 17時0分

写真

 女性は、異性愛者よりも同性愛者とのセックスの方がより高い確率でオーガズムに達することができる----この、我々男性にとって何とも恐ろしい調査結果について、恋愛と性のエキスパートとして名高いトレイシー・コックスが英タブロイド紙「デイリー・メール」のウェブ版に寄稿した。

 調査を行ったのは、性や性差に関する研究で知られるアメリカのキンゼイ研究所。セックスにおいてオーガズムに達する確率について、2850人の男女にアンケートを実施したところ、男性は異性愛者と同性愛者がほぼ変わらず約85%であったのに対し、女性は異性愛者が約63%で、同性愛者が約75%と、大きな差が生じた。

 その主な理由についてコックスは、挿入によるオーガズム、いわゆる"中イキ"よりも、クリトリスへの刺激によるオーガズム、いわゆる"外イキ"の方が、女性がオーガズムに達する確率が高く、女性同士のセックスの場合、後者がメインになるためである、と指摘している。

 コックスは同記事内で、レズビアンに学ぶセックスとして次のポイントを挙げている。「挿入を目的にしない」(外イキを無視した男性器または男性のエゴ中心のセックスから解放)、「急がずゆっくり」(女性の方が男性よりもオーガズムに達するまで時間がかかる)、「ギブアンドテイク」(どちらか一方が奉仕するのではなく、交互に快楽を与え合う)、「セックスに起承転結はない」(女性のオーガズムは男性と違い終わりがない。男性が射精したら終わり、ではない)、「もっと前戯を」(キスや胸への愛撫などを多用しよう)。

 以上のポイントは、これまでもさんざん週刊誌や女性誌のセックス特集などで言われてきたことではあるが、多くの男性がちゃんと実践できてないことが、今回の数字で改めて見えてきたのではないだろうか。

 同性愛者やバイセクシャルへの風あたりが弱まってきた昨今、アメリカでは女優や司会者などの著名人が自ら同性愛者または両性愛者であることを認める機会も増え、一時的に同性愛者になった女性の本が話題になるなど、異性・同性の壁を堂々と越えて性を楽しむ女性たちの姿が目立つ。

 日本の性文化には、風俗店や男性向けAVの影響からか、「男性は女性に奉仕されるもの」という価値観が無意識に刷り込まれているところがある。このまま我々男性がセックスにおいて男のエゴを発揮し続けたら、女性から「精子はあなたからもらうけど、セックスは彼女とするわ」と言われてしまうことも起こりうるかもしれない。そうならないためにも、まずは、レズビアン系のAVでも見て、女性同士のセックスについて研究でもしてみようではないか...あ、違うか。
(文=ツジエダサト)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング