平愛梨の爆乳伝説再び! はちきれんばかりの着衣巨乳にネットユーザー歓喜

メンズサイゾー / 2014年9月18日 22時30分

写真

 その天然キャラと愛らしい笑顔でバラエティ番組を華やかに彩り、今や特番には必ず欠かせないタレントの1人に成長した女優の平愛梨(29)。8月に出演した『東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい...』(日本テレビ系)では、巨乳&スッピン姿が可愛すぎるとネット上で絶賛された彼女だが、今再び、ある騒動に巻き起こまれている。「巨乳化が止まらない」というのだ。

 もともとグラマラスなボディの持ち主としても知られていた平だが、そのオッパイに注目が集まり始めたのは、彼女がレギュラーを務める『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で見せた私服姿だった。

「胸に自信がない女性がボーダー柄のトップスを着て、より大きく見せるという話はよく聞きますよね。しかし平さんは、あれだけの巨乳にもかかわらず、ボーダー柄を着て、さらに胸を強調する私服姿を披露したのです。オッパイの両脇を挟むようにサスペンダーを着用する姿も見せており、ネット上では、『着衣巨乳が素晴らしい』と話題になりました。その後も、本人の狙いなのかどうかはわかりませんが、同番組の中ではオッパイアピールとしか思えない服装を続けています。自分の魅力を最大限活かしていると考えれば正しい判断とも言えますが、天然キャラでも有名な平さんですからね(笑)。実際のところはわかりません。ただ、そんな着衣巨乳を平然と見せつける平さんには、男性視聴者たちは悶々とした視線を送っていることでしょう」(芸能ライター)

 今回ネット上で騒がれている「平愛梨の巨乳化が止まらない」との声も、少女のような明るい笑顔と不釣り合いなオッパイが、まるで初めて見るような印象を与えるのではないかと、この芸能ライターは指摘する。確かに、ネット上に貼られているキャプチャー画像などを見る限り、「巨乳化が止まらない」というより、「相変わらずの巨乳がハンパじゃない」といった方が正確だろう。また、ネット上には、「太っただけ」との声も上がっているが、ふくよかになった印象のある顔からは、体全体のボリュームが増したとも考えられる。

「近頃では板野友美さんの巨乳化疑惑も話題になりましたが、板野さんと平さんの大きな違いは、『豊胸か!?』と勘ぐられないところですよね。やはり以前から整形疑惑の取り沙汰されていた板野さんのオッパイが急に大きくなれば、当然のように白い目で見られてしまいますが、平さんは、『太った!?』と言われるだけですから(笑)。もちろんそれは好感度が高い証ですよ。嫌味のない天然キャラは同性からの支持もありますし、エロ目線で見る男性視聴者からも絶賛されているとなれば、今後もますます活躍するでしょうね」(前同)

 女優としての活躍はさておき、バラエティタレントとして確固たる地位を築いた平。冒頭でも記したが、その大きな要因となったのは、無条件で周囲を朗らかにする天然キャラに違いない。そんな彼女だからこそ無造作に披露される着衣巨乳に、ネットユーザーたちは今回のようにいちいち歓喜するのだろう。そして、それは今の彼女に注がれる視線が最高潮に熱い証拠ともいえる。これまでグラビアにはあまり登場しなかった平だが、今年の12月に30歳を迎える今こそ、そのはちきれんばかりの服を脱ぎ捨て、「巨乳化が止まらない」と騒ぐ男たちの妄想にピリオドを打つタイミングかもしれない。年齢の節目に記念のグラビア写真集を発表する女性タレントも多いことだし、ぜひダイナマイトボディを披露してもらいたいところだが...。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング