大江麻理子アナの結婚後、テレ東を担う“ポスト大江“は誰?

メンズサイゾー / 2014年9月19日 13時0分

写真

 マネックス証券社長の松本大氏(50)と近く結婚することを発表したテレビ東京の人気女子アナの大江麻理子(35)。メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』などの仕事は続けるとのことで、ファンとしては一安心といったところだが、ここで気になるのが、同局における未婚女子アナ――"ポスト大江"の存在だ。

 筆頭は狩野恵里(27)。周知のように、アメリカ・ニューヨーク支局に異動した大江のあとを受けて、昨年春から人気バラエティ『モヤモヤさまぁ~ず2』を担当し、その元気キャラが人気上昇中の女子アナだ。

「国際基督教大学教養学部語学科の日本語学専攻を卒業して、2009年に入社した狩野さんは、小6から高2までの5年間をアメリカで過ごし、英語が堪能です。初対面したさまぁ~ずから『38歳?』『子供がひとりいる?』などとイジられるなど、やや老け顔ですが、愛嬌たっぷりの笑顔が魅力ですね。過剰なスキンシップや脇汗でもお馴染みで、適度な下ネタもOK。先だっては在京6局合同で行なったスマホ向けテレビアプリ『ハミテレ』のPRイベントにテレ東代表で登場。フジの加藤綾子(29)やTBSの枡田絵理奈(28)といった人気女子アナと堂々肩を並べていましたよ」(芸能記者)

 狩野といえば、今年春、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の食わず嫌い王の中継が、『モヤさま』の撮影に乱入したところ、何も知らずさまぁ~ずと一緒に他局の番組に登場するというハプニングが記憶に新しいところ。笑顔のみで一切喋らなかったが、「逆にそこがかわいい」などとネットユーザーから絶賛されていた。

 そんな狩野に続く存在が須黒清華(29)。こちらも大江のあとを受けて、目下、同局の看板バラエティ『出没!アド街ック天国』を担当中。

「須黒は私立大学でも最難関学部と言われる早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業後、2007年に入社しています。ファイナンシャルプランナー2級の資格を持つなど、インテリぶりが際立ちますが、なんといっても彼女の魅力は、その美脚でしょう。以前に出演していた『ウイニング競馬』時代から定評があり、ネットでは『喋りよりもデスクの下から見える太股と美脚に視線が集中してしまう』といった声が多数寄せられるほどです。今年のソチオリンピックでは現地中継キャスターを担当し、世界にその美脚と美貌で、同じく中継を担当した日テレの徳島えりか(26)やテレ朝の竹内由恵(28)以上に注目を集めました」(前同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング