「あの美女は誰?」 圧倒的な美貌で話題を集めるセクシーモデルの正体

メンズサイゾー / 2014年10月13日 12時0分

写真

 10月7日よりオンエアされている、缶コーヒー『キリン ファイア ダブルマウンテン』のCMに出演する美女が大きな話題を集めている。

 大平原をバックにカウボーイさながら馬に乗りつつ、白いタンクトップ姿でワイルドなセクシーさを披露する美女。CMの冒頭、手綱を引くシーンではぷるぷるっとおっぱいが揺れ、前かがみになった際には、その魅惑的な胸の谷間がこれでもかと強調される。澄んだ黒い瞳が印象的で、視聴者を挑発するかのようにジッと見つめる表情。まさに、"新たな挑戦"として発売された同商品のコンセプトと合致する雰囲気を備えたCM美女の名前はジェラ・マリアーノ(29)。身長173センチ、ハワイ州出身のアジア系米国人モデルだ。

 15歳でモデルにスカウトされ、数々の有名ブランドの広告に抜擢されてキャリアを形成しトップモデルへと成長したジェラ。すでにハリウッド映画にも出演を果たしており、今回、日本のCMに初登場となった。ちなみに共演者として登場している日本人青年役には、元プロ野球選手の工藤公康(51)の息子で俳優の工藤阿須加(23)が起用されている。

 綾瀬はるか(29)を彷彿とさせる黒髪美女で日本人好みといえるジェラだが、その野性的で鋭いセクシャルな魅力は、日本の女性タレントにはあまり見られないもの。そうした状況を考えれば、今回のCMでの反響も踏まえて、今後、日本における新しいタイプのセックスシンボルとしてブレイクしそうな予感すらする。

 そんなジェラを抜擢した今回のCMは大成功だったといえる。著名なタレントやアイドルが多数を占める現在の日本のテレビCMで、日本での知名度がほとんどない彼女を起用し、却って「あの美女は誰だ?」と話題を集めたのだから素晴らしい結果に違いない。もちろんその要因は、一にも二にもジェラの刺激的で迫力のある美貌にあるわけだが、昨今のCM業界における"ある風潮"も影響していると関係者は指摘する。

「CMはあくまで広告なので、話題になることが何よりも重要です。そこで一番手っ取り早いのが、いわゆる『セクシーCM』です。しかし今は何かと厳しい時代ですから大変ですよ。近年でいうと、グリコ乳業の『Dororich(ドロリッチ)』のCMなどは、中村静香(26)や丸高愛美(24)という人気グラドルを起用し、セクシーなダンスで話題を集めましたが、結果的には『エロすぎる』と女性層から批判されてしまいました。逆に成功例として挙げられるのは、吹石一恵(32)のユニクロの『ブラトップ』です。推定Fカップのバストを露わにするCMは、男性はもちろん釘付けになりましたし、女性からも『格好いい』『私もああなりたい』と支持を受けて大きな反響を生みました。また、篠原涼子(41)が下着メーカー『Triumph(トリンプ)』のCMで見せたランジェリー姿も衝撃的でしたね。手法としては正攻法ですが、人気女優にここまでやらせるんだ...と視聴者を驚かせました。CM効果で売り上げも前年比200%と大きく上がったようですから大成功といえるでしょう」(業界関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング