上戸彩、人気ドラマ降板で取り沙汰される「妊娠」の可能性

メンズサイゾー / 2014年10月29日 18時30分

写真

 主演ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)が大ヒットした女優の上戸彩(29)が、ついに"妊活"に成功したのではないかと騒がれている。

 かねてから「30歳までに出産」が夢だと語っていた上戸は、一昨年にEXILEのHIRO(45)と結婚した当初から子作り願望を事務所に訴えていた。だが、入籍後も映画『テルマエ・ロマエII』やドラマ『半沢直樹』(TBS系)など次々と仕事を入れられ、女優としての需要や人気も高い水準でキープ。所属事務所「オスカープロモーション」にとっては稼げる看板女優に休養されては困るという事情があり、しばらくは子作り許可が下りそうにないといわれていた。

 しかし、そんな売れっ子の上戸のスケジュールが『昼顔』以降はスカスカ状態になっており、私生活で大きな変化があったことをうかがわせているという。

「『昼顔』効果でオファーは増えているはずですが、事務所関係者は『今後は年に連ドラ1本くらいのペースになる』と漏らしており、大幅に仕事を減らしていくようです。近年、武井咲や剛力彩芽といったオスカーの若手女優が"ゴリ押し"といわれるほど露出を増やしていましたが、これは上戸の穴を埋めるための準備だったようです。売れっ子なのに仕事をセーブするとなれば、理由は"子作りの準備"しか考えられない」(芸能関係者)

 それを裏付けるように、上戸が人気ドラマシリーズの出演オファーをキャンセルしたとの情報が浮上している。

 発売中の「週刊大衆」(双葉社)によると、フジテレビが来年1月の目玉企画として約10年ぶりにスペシャルドラマ『ナニワ金融道』の続編を放送する予定となっているが、ゲスト出演のオファーを受けていた上戸が突如降板したというのだ。10月上旬の撮影開始前というギリギリのタイミングでの降板だったといい、何とか代役を立てて撮影はスタート。だが、そういったトラブルと今まで無縁だった上戸のドタキャンに業界内からは驚きの声が上がったという。

「12歳から芸能界に入っている上戸は非常にプロ意識が高く、仕事上の約束は絶対に守るタイプ。事務所が受けた仕事なら、どんな困難があってもしっかりこなしてきた。その上戸がワガママ女優のような不可解なドタキャンをしたというのだから、これは余程の事情があったはずです」(週刊誌記者)

 すでに前述のように仕事は減らす段取りが組んであり、子作り目的であれば今回の撮影を終えてからでも十分に間に合う。だとすれば、どんな事情があったというのか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング