「奇跡の40代」バトルが白熱! 永作博美・石田ゆり子のツートップ、それを追いかけるYUKI

メンズサイゾー / 2014年11月9日 15時0分

写真

 先月末、大手検索サイト・gooが「今なお少女の輝き...透明感のある40代女性タレントランキング」を発表した。同ランキングは男女250名ずつ計500人からの回答を集計したもので、どの40代女性タレントが「若々しく美しい」と世間で思われているのかを浮き彫りにしている。

 1位に輝いたのは女優の永作博美(44)。美熟女としてネット上でも人気の高い永作が、全体の15.8%の投票を獲得してトップに立った。永作といえば、1990年代にアイドルグループ「ribbon」のメンバーとして活躍し、その後は女優業に転身。2009年に映像作家と結婚し、2人の子を持つ母だが、ママタレというイメージは皆無で、現在もアイドル時代と変わらないほどの美貌を維持し続けている。

 2位は女優の石田ゆり子(45)。得票数は全体の12.0%で永作と競り合った。昔から髪型も含めて容姿にまったく変わりがなく、あれだけの美女にもかかわらず現在に至るまで一貫して独身。可憐でミステリアスな雰囲気があり、業界関係者からは吉永小百合(69)とイメージが重なると評されるなど、年齢を重ねても人気の高さは衰えない存在だ。

 永作と石田といえば、現在放送中のNHKドラマ『さよなら私』でW主演を果たしている。

 同ドラマは、誰もがうらやむ幸福な家庭の主婦・友美(永作)と奔放な独身生活を謳歌する映画プロデューサー・薫(石田)という対照的な2人が同窓会で再会し、それをきっかけに薫が友美の夫と不倫していることが発覚。つかみ合いのケンカに発展し、階段から転げ落ちた衝撃で2人の心が入れ替わってしまうという、大林宣彦監督の映画『転校生』の不倫ドラマ版ともいえる斬新なストーリーで話題を呼んでいる。

 そのユニークな内容だけでなく、視聴者の注目は「奇跡の40代」の共演にも集まっている。某巨大掲示板では「永作博美と石田ゆり子 どっちがいい?」というスレッド名で激論が交わされ、週刊誌上でも「永作博美VS石田ゆり子 NHKドラマ『さよなら私』W主演で"どっちとしたい?"大論争」などと書き立てられている。

「ネット上では双方のファンがコメントをぶつけ合い、さらには『付き合うなら石田 結婚するなら永作』などと勝手な妄想も書き込まれています(笑)。これだけ議論が紛糾するのも両者の魅力の高さを裏付けているといえるでしょう。永作は消費者金融のCMに出演したことで好感度が下がったともいわれましたが、それをカバーするだけの可愛らしさと美貌を同ドラマで見せつけた。一方の石田も同ドラマでセクシーなベッドシーンを披露し、こちらも男性視聴者のハートをがっちりつかんでいる。同じ『奇跡の40代』といっても、可愛い系の永作と美人系の石田ではタイプが違うため、どちらがいいかという論争の答えが出ることはないでしょうね。このW主演を企画したドラマ制作陣の慧眼はさすがです」(週刊誌記者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング