放送作家・鈴木おさむの担当番組がひとケタ連発の大爆死! それでも彼が使われる理由

メンズサイゾー / 2014年11月25日 10時0分

写真

 数多くの担当番組を抱える人気放送作家・鈴木おさむ(42)。2002年に森三中の大島美幸(34)と交際0日で結婚し、現在妊活休業中の彼女を献身的に支える良き夫として知る方も多いだろう。業界屈指の売れっ子作家として有名な彼だが、今、担当する番組がことごとく視聴率低迷の憂き目に遭っているという。

「深夜帯は仕方ないにしても、ゴールデンタイムの番組でひとケタを連発している。もちろん、最近ではゴールデンだからといって視聴率が見込める時代ではないのでしょうが、それにしても、この現状は彼のキャリアに傷がつくことは間違いない」(テレビ局関係者)

 19歳で放送作家としてデビューして以来23年。これまで、『夢がMORIMORI』(フジテレビ系)や『ほこ×たて』(同)、『¥マネーの虎』(日本テレビ系)、恋愛企画『未来日記』が映画化されるなどムーブメントを巻き起こした『ウンナンのホントコ!』(TBS系)など、類いまれなる才能とバイタリティで、局にとらわれることなくヒット番組を作り上げてきた彼に一体何が起きているのだろうか。

 たとえば、16日の日曜夜8時に放送された、TBSが誇るブリッ子アナウンサー・田中みな実のフリー転身後初のレギュラー番組として注目を集めている『ニュースな晩餐会』(フジテレビ系)は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東/以下同)。対する裏番組の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)は約3倍の18.7%を記録し、『イッテQ』の主力メンバーであった妻の大島は現在妊活中のため出演をしていないものの、事実上の夫婦対決は、夫側が見るも無残な惨敗を喫している。

 また、『ニュースな~』の直後に放送されている『オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~』(フジテレビ系)は、千原ジュニア(40)、バカリズム(38)、劇団ひとり(37)、さらにはビートたけし(67)といった錚々たるメンバーを揃えながらも5.3%と低迷。同枠は、以前リリー・フランキー(51)と山岸舞彩(27)が司会を務めながら、6月8日に2.1%という超低視聴率を叩き、半年間で打ち切りとなったトーク番組が放送されていたことも記憶に新しい。それに比べれば面目を保っていると言えるものの、放送初回にジュニアが放った「これ短命ですよ~」という自虐的な言葉は早くも現実味を帯びてきている。

 さらには、これまで人気だった長寿番組にも賞味期限の足音が忍び寄っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング