マギー、圧倒的な美貌と美脚が話題に! ハーフタレントブームを締めくくる存在に!?

メンズサイゾー / 2014年11月25日 17時40分

写真

 24日に放送されたトークバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)にモデルでタレントのマギー(22)が出演。相変わらず抜群のスタイルとルックスを披露し、ネット上で「可愛い」「美脚すぎ」と絶賛されている。

 この日マギーは「ハーフタレントの大トリ的存在」と紹介されてスタジオに登場。番組レギュラーを務めるネプチューン、くりぃむしちゅー、チュートリアルから、最後のハーフタレントと言われると、「そんなことない」と首を振っていたが、「また新しいハーフが出てきてもいいの?」と聞かれると「ヤダ!」と即答する姿を見せた。その直後にもマギーは「もういい」「飽和状態」と声を上げており、現在バラエティで活躍するハーフやクオーターのタレントが多いことは十分意識しているようだった。

「これまでのテレビ史を紐解いてみると、いつの時代にもハーフの芸能人が活躍してきました。1970年代には『ゴールデンハーフ』というハーフ美女ばかりを集めたアイドルグループが活躍しましたし、1980年代に入ればヒロコ・グレース(45)などがデビューしています。1990年代になると、クオーターの中山エミリ(36)やハーフの吉川ひなの(34)といった面々が絶世の美少女として注目されました。しかし、ルックスばかりに視線が集まった彼女たちは、加齢とともに露出が減り、その後なかなかコンスタントに活躍できませんでした。しかし、そんな流れを覆したのが1998年にデビューしたベッキー(30)です。14歳で子ども向けバラエティ『おはスタ』(テレビ東京系)に出演した彼女は、愛らしいルックスで一躍人気者になりましたが、その後もテレビに出続け、今でもレギュラー番組を7本以上抱える超売れっ子。このベッキーの成功がハーフタレントの可能性を広げました」(芸能ライター)

 現在多く見られるモデルからタレントへという流れは、2010年ころからテレビでの露出を増やし、2011年にブレイクしたローラ(24)の存在が大きい。彼女のタメ口天然キャラがテレビでウケると、ここ数年の間には、加賀美セイラ(27)、ラブリ(24)、ダレノガレ明美(24)などのタレントがモデル界からバラエティ界に進出した。もちろんマギーもその中の1人に数えられるが、『しゃべくり~』では、そんな彼女を「大トリ的存在」と紹介していた。マギーは、ハーフタレントブームを締めくくる存在になるのだろうか。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング