テレ朝の新人アナ・弘中綾香、天然ぶりっ子キャラで一躍エース候補に浮上!?

メンズサイゾー / 2014年11月26日 18時0分

写真

 25日に放送された『ロンドンハーツ2時間スペシャル』(テレビ朝日系)でアシスタントを務めた同局の弘中綾香アナウンサーが可愛いと話題になっている。弘中が登場したのは「目指してる先輩芸人は誰だGP」というコーナー。芸歴3年目以下の若手が尊敬する芸人の名前を挙げていき、スタジオに集まった売れっ子芸人たちが、その発表に一喜一憂するという企画だが、ネット上では弘中の初々しい進行に注目が集まった。

 弘中といえば、2013年にテレビ朝日に入社し、その年の秋から音楽番組『ミュージックステーション』のアシスタントに抜擢されている。『Mステ』といえば、同局の看板プログラムで、これまでに下平さやか(41)、武内絵美(38)、堂真理子(33)、竹内由恵(28)など、後にエースクラスとなる女子アナが担当したことでも知られる。局とすれば、弘中にもエースアナに育ってもらいたいところなのだろう。

「弘中の同期入社には林美沙希(24)という女性アナウンサーがいます。現在、林は『報道ステーション』のお天気コーナーの担当で、ほかにはスポーツ系の番組に多く出ています。一方の弘中は『Mステ』をはじめ、この4月から『坂上忍の成長マン!!』のアシスタントを務めています。こうしたことからもわかるように、局としては、報道系の林に対しバラエティ畑の弘中といった住み分けを考えているのでしょう。弘中は愛嬌のある性格で誰からも好かれるタイプですから、バラエティに適していると思います」(芸能ライター)

『Mステ』での弘中に対しては、ネット上から「かみすぎ」「ポンコツだな」といった声が寄せられることも多い。25日に放送された『ロンハー』でも、若手芸人が憧れる先輩芸人の名前を発表する前に、その一文字目が明らかにわかる口のカタチを見せてしまい、スタジオにいる芸人たちからツッコミを受けるシーンがあった。しかし、そんな失態を犯しながらも笑顔を見せる弘中には、芸人たちもそれ以上追求できず。必死に司会をこなそうとする弘中に対して、好感を抱いているようだった。

「弘中は慶應義塾女子高等学校出身で慶應義塾大学卒業という生粋のお嬢様。趣味はバイオリンで、アナウンサーになる前はプロの奏者を目指していたほどです。まだ、入社2年目ということで垢抜けない印象はありますが、それも育ちの良さからくる上品さによるものでしょう。おっとりとした性格で、憎めないタイプであることは画面からも十分伝わっていると思います。ただ、そんな彼女ですが、とにかく現場に入ると一生懸命で誰よりも大きな声を出します。表情も豊かでリアクションも大きいと評判です」(前出)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング