「順番待ち状態」との指摘も...AKB48・高橋みなみに続き、有力メンバーの卒業が相次ぐ可能性

メンズサイゾー / 2014年12月9日 18時0分

写真

 AKB48の高橋みなみ(23)が8日、秋葉原のAKB48劇場で開催されたAKB結成9周年公演でグループからの卒業を発表した。今月6日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のスペシャルでドッキリ企画として高橋の卒業が扱われたが、今回は"ガチ"の卒業発表。 高橋はファンやメンバーに向けて「私、高橋みなみは、2015年12月8日をメドに卒業します。まだ1年先の話です。メンバーに引き継ぐ時間、猶予をいただくためにこのタイミングで発表させていただきました」とあいさつし、引き継ぎ業務などをしながら来年の結成10周年当日をメドにグループでの活動に終止符を打つことを宣言した。

 高橋はAKBが結成された2005年12月8日に1期生としてデビューし、まとめ役としてグループを牽引。一昨年に母親が淫行事件で逮捕されるという不幸に見舞われるも、同年8月からは姉妹グループを含めた「AKB48グループ」の総監督に就任し、名実ともにグループの大黒柱に。今年の2月からはAKB48のチームAキャプテンも兼任していた。メンバーたちの精神的支柱ともなっており、センターだった前田敦子(23)や大島優子(26)が抜けたときとは違った大きな衝撃が走っている。

 衝撃の卒業発表とともに、高橋は「総監督」の後継者に横山由依(22)を指名。公演後には「ラスト1年 10周年、死に物狂いで頑張ります。次のAKB48の物語につながるように 確かなバトンを渡していきたい」などとコメントを発表し、さらには「卒業した後もグループに今足りない 大人たちとのコミュニケーションや意思を伝える事は私もやっていきたいと思います」と卒業後のグループとの関係にまで言及した。

 一方、総監督の後継者として指名された横山は公演後に自身のTwitterで「先輩たちがいる間に色々学んでメンバー、支えてくださるファンの皆さんと一緒に一歩一歩進んでいきたいです」と決意を綴り、一部で総監督の座を狙っていたとウワサされたHKT48の指原莉乃(22)は「なんか総監督狙ってたとか指原もそもそも先は長くないから狙ってないよ(笑)」などとコメントしている。

 今回の卒業発表はファンにとって気になる点が幾つもある。まずは公演後に横山が書き込んだツイート。「先輩たちがいる間に」という言葉から高橋以外のメンバーの卒業も予定されているのではないかとファンの間で憶測が飛び交っており、指原が「指原も先は長くない」と綴ったことを含めても有力メンバーの大量離脱が懸念される。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング