ナチュラルヌードって何? 紗栄子、女子の憧れと評判も炎上キャラ健在

メンズサイゾー / 2014年12月12日 10時0分

写真

 モデルの紗栄子(28)が、ファッションブランド「Miche Bloomin'(ミッシュブルーミン)」の公式ホームページで魅惑的な表情を公開している。紗栄子は、つけまつげやカラーコンタクトなどを扱う同ブランドで、イメージモデルを務めており、今月6日に自身がプロデュースしたつけまつげを発表。その広告の中で、透明感のある素肌と印象的な瞳を披露した。

 同ブランドによると、女子たちからの強い要望に応えて開発されたという、紗栄子プロデュースの新商品。実際に、このつけまつげをつけている紗栄子は、キュートな表情ながら、大人の魅力を漂わせている。ネットニュースなどでは、この紗栄子を"ナチュラルヌード"と形容しており、女子たちの憧れと絶賛。ネット上でも、「超可愛い!」「憧れる」「セクシーになった」といった声が寄せられている。しかし、その一方で「ナチュラルヌードって何?」「相変わらず自分好きだな」などのコメントも多く、ネット上には、まだまだ彼女のアンチは元気なようだ。

「モデルとしての活動が少なくなったとはいえ、紗栄子は現在でも女性ファッション誌に登場していますし、コスメアイテムのイメージモデルを務めるほどですから、一定の支持者がいるのは間違いない。しかし、度重なる炎上騒動で、嫌われキャラといったイメージが根付いている。週刊誌による『嫌いなママタレランキング』でも常に上位。すでに彼女は、何をしても叩かれるような立場になってしまったのかもしれません。しかし、彼女と同じ炎上タレントといえる辻希美(27)は、どんなに叩かれても、テレビにはコンスタントに露出しています。タレント性の違いといえばそれまでですが、紗栄子は、ブログに豪華な自宅の様子を載せたり、パリやハワイへの旅行をこれみよがしにアップしたりしますからね。こうしたセレブ感が視聴者には嫌味に映り、反感につながっているのかもしれません」(芸能ライター)

 紗栄子がここまで嫌われるようになったのは、大リーグ・テキサスレンジャーズに所属するダルビッシュ有(28)とのドロドロの離婚劇がきっかけ。当時の報道によると、ダルビッシュ側が1億円の慰謝料と月100万円の養育費を提示しながらも、紗栄子は首を縦に振らず、最終的に月200万円の養育費で決着したという経緯から、すっかりアコギなイメージが定着することとなってしまった。さらにその後、ブログの炎上などで、ますます嫌われていった紗栄子は、昨年の暮れにセミヌード満載の1st写真集『EPISODE 1』(宝島社)を発売しても、「二児の母がやることか?」「自己マン」などと批判を浴びている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング