サービスショット満載! ローションまみれの吉木りさと橋本マナミがガチでエロすぎる!!

メンズサイゾー / 2014年12月29日 22時0分

写真

 28日の『うわっ!ダマされた大賞2014今年の顔50人に超ド級ワナで総決算SP』(日本テレビ系)。その中で放送された企画「ローションスライダー選手権」に出演したグラビアアイドルの吉木りさ(27)と橋本マナミ(30)が「ガチでエロすぎる」と話題になっている。

 同企画は、女性タレントがローションをまとってスライダーを滑り、誰が一番早くゴールできるか競うというもの。以前、同企画で優勝経験のある吉木は、出走前に「これも重さになっちゃう」とセーターを脱いでシャツ姿になったり、頭から豪快にローションをかぶったりとやる気満々であった。

 そんな吉木がローションまみれでスライダーに挑むと、シャツが肌に張り付いて黒いブラジャーのようなものが透けて見えたり、黒タイツで包まれた彼女の脚やヒップラインが強調される動きがあったりと、サービスショットが満載であった。案の定、視聴者から「透け透けがエロすぎる」「腰まわりの肉付きやべえ」と歓喜の声が。

 一方の橋本も、ローションを浴びながら「すごい勢いで(ローションが)谷間に入っていきました」「すごい気持ちいい~」とセクシーなセリフを連発した。その後、スタートしたもののコースアウトして泥の中に落ちてしまった橋本だが、「私ずっと泥まみれになりたいって言ってきたんです」「汚してほしい願望があった」と大胆発言。その様子にネットユーザーは「AVかよ」と大興奮であった。

「ローションスライダーに女性タレントが参加するメリットとして、セクシーさやバラエティ対応力を示せるということがあります。今回は、吉木や橋本のほかに元アイドリング!!!の菊地亜美(24)やモデルでタレントのラブリ(25)、映画コメンテーターでタレントのLiLiCo(44)がローションスライダーに参加しましたが、セクシーショットをサービスした吉木と橋本、笑いを取りにいった菊地とLiLiCoという結果に分かれました。そのどちらにも入れず、やや中途半端だったのがラブリです。モデルである彼女がこのような企画に出るというだけでも貴重なのかもしれませんが...。

 ただ、ローションスライダーは"ほぼ100%で変顔になる""あられもない姿になる"という女性タレントにとってある種のリスクを背負って臨むものですから、せっかくやるのならば視聴者の印象に残るような滑りを見せないと損です。橋本はAVを連想させるようなセリフを口にしつつ、ローションを谷間や太もも付近にかけていましたが、愛人キャラや大人の色気をウリにしている彼女ならではの意味ありげな仕草だったと思います。

 元々はお笑い芸人向けの企画であるローションスライダーですが、自己アピールの場としてはかなりインパクトがありますし、今後はバラエティ番組での揺るぎないポジションを掴みたいグラドルやタレントたちがどんどん挑戦するようになっていくかもしれませんね」(芸能関係者)

 一部からは「ゴールデンタイムで放送できる一番エロい企画」とも言われているローションスライダー。次にローションまみれになるのは一体誰だろうか。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング