「Hカップがぷるぷる」伝説級ジュニアアイドル・ゆうみ、最新イメージ作の過激化にファンが熱視線

メンズサイゾー / 2016年12月12日 18時0分

写真

 10代にしてネットを中心とするアイドルファンに「伝説級」と称されるグラビアアイドル・ゆうみ(18)が、12月21日に最新のイメージDVD『学園天使』(イーネット・フロンティア)をリリースする。高校卒業後に過激度が加速しており、早くもサンプル映像にグラビアファンたちから「セクシーすぎる」との声が続出している。

 ゆうみは小学4年生だった10歳でジュニアアイドルとしてデビューし、キュートな顔立ちと小学生の時点でCカップだったという巨乳のギャップで瞬く間にネット上で話題騒然に。リリースされたDVDやデジタル写真集はインディーズ販売であったにもかかわらず、秋葉原のアイドルショップなどで完売を連発。撮影会は告知直後に予約殺到で瞬殺...という異常人気となった。

 同じくジュニアアイドル出身として「Fカップ小学生」として一世を風靡した紗綾(23)や中学生のころから絶大な人気を誇った篠崎愛(24)を超える存在として期待され、その素材に目を付けた「週刊プレイボーイ」(集英社)がグラビアなどで大々的にプッシュ。2014年には「天然美少女~ゆうみデビュー~」(ラインコミュニケーションズ)でメジャーデビューを果たし、中学校1年生でDカップ、中2でEカップ、中3でFカップと年々大きくなっていたバストは現在90センチHカップにまで成長した。

 そんなちょっぴり大人の魅力を身に着けた彼女の最新作は、過激度がグーンと上昇。サンプル映像では、いきなりノーブラでカーディガンを羽織っただけの状態で下半身はパンツのみという刺激的な姿で登場。さらにピチピチのスクール水着や極小ビキニなどの定番衣装を押さえつつ、豊満なバストや形のいいヒップを接写している。

 トランポリンで飛び跳ねながらバストを揺らしまくるシーンもあり、おっぱい星人たちのハートを直撃すること間違いなし。それ以上に圧巻なのはマッサージシーン。軟乳Hカップをプルプルと揺らされながらマッサージされ、さらにお尻や股間付近までモミモミされる姿は衝撃的だ。

 これにネット上のグラビアファンからは「急激にエロくなって最高」「心配になるくらい攻めてる」「身体つきがエロすぎる」「着エロ並みに過激化しとる」「可愛いしスタイル最高なのにここまでしてくれるとは...」「おっぱいがめっちゃ柔らかそう」などと興奮気味の絶賛コメントが殺到している。

「デビュー後は『低年齢アイドル好き』のファンが大半だったのですが、高校卒業によって過激度がアップしたことで幅広い層にアピールできるようになった。同じく小学生時代からネット上で大人気となった紗綾さんは『低年齢好き』のファンが離れてしまっても、大人の色気とセミヌード解禁などの過激度アップで最近は再び人気を盛り返してきています。ゆうみさんも同じように飛躍が期待できる。また、彼女は篠崎愛さんに代表される『ぽちゃ系グラドル』の有望株としても期待されており、むっちり好きの男性たちを取り込むこともできそうです」(アイドルライター)

 最新作の過激度はまさに彼女の「進化」のあらわれ。伝説級のジュニアアイドルから大人のグラドルに成長しつつある彼女から目が離せなさそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング