「キャスター界最強の神ボディ」伊東紗冶子、大胆ビキニ姿で披露した極上プロポーションに魅了される男性続出

メンズサイゾー / 2017年9月14日 19時0分

写真

 "キャスター界ナンバーワンの神ボディ"と称されるフリーアナウンサーの伊東紗冶子(いとう・さやこ/23)が、発売中の「週刊ヤングジャンプ」42号(集英社)の表紙&巻頭グラビアに初登場。写真集リリースも決まって注目度が急上昇している「神ボディ」を大胆に披露している。

 同誌には「キャスター×グラビアの二刀流!!」とのコピーが踊り、グラビアはハート型の島として有名な沖縄県の黒島で撮影。表紙は大きなバストがこぼれそうなほど小さいピンクのビキニ姿で微笑む鮮烈ショットとなっており、本編は砂浜に寝そべってカメラに甘い視線を向けたり、大人っぽい黒のビキニでプールに入ったりと王道路線で抜群のスタイルが楽しめる構成となっている。

 これを目にしたネット上の男性たちから「理想的なプロポーション!」「アナウンサーなのにスタイルやばい」「可愛くて巨乳で...目の保養」「身体のフォルムが最高」「腰のくびれがすごい!」などと絶賛コメントが殺到。現役女子アナというプレミアム感もあって、そのキュートなルックスと豊満ボディに魅了される人が続出しているようだ。

 また、伊東はグラビア掲載に合わせて自身のブログやInstagramでオフショットを公開。ビキニに上着を羽織って船に乗る楽しそうな旅の様子や、抜けるような青空と透明な海をバックに表紙カットで着用したビキニ姿で佇むカットなどが披露されている。こちらも「最高のスタイル!」「疲れが癒されるナイスバディ」などと男性ファンに好評だ。

 元ミス近畿大学でミスオブミスキャンパスクイーンコンテストの準グランプリという華麗な経歴があり、実は学生時代から美貌と巨乳ぶりが一部で話題になっていた伊東。昨年8月に「週刊プレイボーイ」(同)で初登場・初表紙・初水着という異例の初モノ尽くしでグラビアデビューを果たし、瞬く間に「神ボディ女子アナ」として大注目の存在となった。

 急激な人気上昇の波に乗って、11月1日に初の写真集『SAYAKO』(集英社)をリリースすることが決定。予約段階にもかかわらず、Amazonの女性タレント写真集ランキングでベスト5入りするなど男性人気の高まりが感じられ、グラビア界のネクストブレイク最有力候補のひとりに躍り出ている。

「昨年7月から大手フリーアナ事務所『セントフォース』に所属したばかりで、女子アナとしては新人なのですが、グラビア人気の急激な上昇によって本業のキャスターでもブレイクする可能性が高まっています。そうなればいずれ『水着封印』ということもあり得るため、グラビアや写真集は将来的に貴重な"お宝"となるかもしれませんね」(アイドルライター)

 現役キャスターのグラビア界での快進撃がどこまで続くのか、これからの活躍が非常に楽しみな逸材といえそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング