金子智美、目を疑う超過激ショット! 感謝の“砂ブラ“でファンを悩殺

メンズサイゾー / 2018年1月11日 9時0分

写真

 グラビアアイドルの金子智美(かねこ・さとみ/28)が、一瞬目を疑う過激な画像をTwitterにアップした。

 10日、金子はフォロワー数1万8000人の突破を報告し、「ありがとうございますっ」とファンへの感謝をツイート。それと同時に砂の上に横たわっている画像を披露したのだが...。そこには、あるはずのモノがなかった。金子はビキニのトップを身につけていないのだ。

 といっても"丸出し"ではなく、胸には砂が付けられており、バストトップは隠されている状態。しかし、砂の色は肌色に近く、パッと見は何もつけていないように見える。ネット上のファンからも、「一瞬ビビった」「乳首丸見えかと思った」「ちょっと焦った」といった驚きの声が。金子は以前から過激な画像をSNSにアップするタイプだが、今回の画像でもファンを刺激したようだ。

 SNSを積極的に活用する金子は、2007年に開催されたAKB48の「第4期研究生オーディション」に合格して芸能界入り。しかし、半年足らずでAKB48での活動を辞退し、しばらく芸能界から離れた。その後、2014年にグラビアアイドルとして復活すると、イメージ作品のリリースを重ねて男性人気を拡大させ、「漫画アクション」(双葉社)主催のアイドルオーディション『ミスアクション2017』のグランプリに輝いた。

 スリーサイズは上からB89・W58・H85(cm)で、その見事なメリハリボディはグラビア界屈指と評判。金子は自身のFカップ乳を「日本一美しいおっぱい(自称)」と、カッコつきでアピールしているが、「自称」をとっても異論はないというグラビアファンは少なくない。

 イメージ作品での脱ぎっぷりの良さにも定評があり、リリースのたびにファンからは興奮の声が上がる。最新DVD『しめり。』(イーネット・フロンティア)でも、食い込みが激しいハイレグ水着やマイクロビキニを身につけ、セクシーショットを連発している。"腕ブラ"などにも挑戦しており、露出度の高さはピカイチと評判だ。

 しかし、この作品の発売記念イベントでは、「(水着が)小さすぎて事務所に怒られる」とも発言。イメージ作品などでキワどい衣装を着ると注意されるそうで、反省することも多いという。とはいえ、「まん丸乳は出してこそ!」をモットーにセクシーな画像をSNSで頻繁に公開する彼女。今年も攻めの姿勢でネットを盛り上げてほしいものだ。

メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング