ワイルド・スギちゃんの「本当にワイルド」な性伝説とは!?

メンズサイゾー / 2012年4月21日 18時0分

写真

 『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)や『R-1グランプリ』(同)に出演し、一気にブレイクしたスギちゃん。袖をカットしたジージャンに、同じくハーフにカットしたジーンズという姿で、コーラを片手に登場。「ワイルドだからペットボトルのフタ捨ててやったぜ」というネタを掴みに、“映画を予告編だけ観て退席する”、“ダイヤルロックの自転車の鍵の番号が書かれた紙を捨てる”、“ザルの代わりに網戸でパスタを湯切りする”といったワイルドな(?)エピソードを披露する漫談が人気を呼んでいる。「~だぜぇ」という印象的な語尾が真似しやすく、またワイルドぶっていても、根に生真面目で優しそうな性格が透けて見えるのも可笑しさを増加させている。

 彼は芸歴18年目の苦労人。元々はスピードワゴンなどと同じく、名古屋吉本の出身。14年前に上京してからは「機械犬(メカドッグ)」というコンビを結成。この時、当時人気だった『進め!電波少年』(日本テレビ系)の兄弟番組『雷波少年』に出演。裸の上に毛皮のみの原始人風な衣装で土管に暮らし、不法投棄された電気製品などを再生させ、リサイクル品を売って生活するという「雷波少年的ゴミ生活」という企画で長きにわたって出演。知名度も上がり売れかけたものの番組終了と共に、徐々にフェイドアウト。結局コンビは解散してしまった。その後ピン芸人になり、杉山えいじの名で活動。低迷期が続いたが「おっぱい先生」なる珍キャラクターが注目を浴びる。ところがまたもブレイクしかけた矢先にレギュラー出演していた番組が終了する悲劇に巻き込まれる。新たなるキャラクター設定で再起をかける中、昨年秋に生み出したのが「ワイルドスギちゃん」だった。

 ようやく栄光を掴みつつある彼が、芸風以上にワイルドな性生活を暴露していたのは先日放映された『カンニングの恋愛中毒』(BSフジ)という番組でのこと。所属事務所の先輩であるカンニング竹山を前に、まずは性の目覚めが遅かったことを告白。18歳までオナニーをしたことがなかったというのだ。

 「18歳の夏休み『ニュース23』(TBS系)を見ながら何気なく(下半身を)触ってたらビャって出たんですよ。だから初めてイッたのが筑紫哲也さん。思い出の人です。ワイルドだろ~」と精通談議。初体験はそれから2年後の20歳の時。お相手は地元で有名な「3千円オバサン」という女性だったという。さらに性の目覚めをオジサンに捧げた(?)せいか、男性相手の性体験まであったのだと、話はさらにワイルドな方向に……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング