AKB48柏木由紀の私服のダサさが、男の征服欲をそそるわけ

メンズサイゾー / 2012年1月24日 12時0分

写真

 今年から内容を一新して"新装開店"した『なるほど!ハイスクール』(日本テレビ系)。「嘘で満ちあふれた世界で生き残るには『ホンモノを見抜く力を養うしかない!』と、ガチ(本当)なのか、ガセ(嘘)なのかAKB48が調査・検証していく......」というのが番組コンセプトとなっている。

 先日は「気になる業界の裏側(秘)生態調査スペシャル第2弾」として、AKB48×芸能ウラ事情通48×おネエ48が集結した。なかでも秀逸だったのが、おネエ48の、AKBメンバーに対する痛烈なダメだし。昨年放送された同番組では、ミッツ・マングローブが「(AKB48に)おブスちゃんが混ざっている」と発言し、その後ネット炎上する騒ぎともなったが、今回もミッツはそんな炎上事件に臆することなく、特に峯岸みなみがアップになると「オエ~ッ!」と過剰な反応を見せた。

 前回はルックス中心の揶揄だったが、1月19日の放送では、元高島屋の主任デザイナーで現ファッションデザイナーの矢島タケシが「AKB48のなかで、ファッションセンスがまったくない」メンバーとして、柏木由紀や指原莉乃の名前を挙げた。

 柏木は昨年5月に横浜スタジアムで行われた『全国握手会イベント』でも、「もっとも私服がダサそうなメンバー」として、全員一致で名前があがったほど。「柏木の私服はダサい」というのはメンバーやファンの間では共通認識のようである。

 「最もダサい」認定を受けたこの頃の柏木は「お気に入りのベージュのジャケットを、(篠田)麻里子様に『ダサい』と言われたので着れない」とこぼしつつも、「最近はみんなとお揃いの服を着ています」「ファッション雑誌も一カ月に三冊ぐらい買ってます」と、センスアップのための努力をアピールしたという。

 ちなみに、くだんのファッションデザイナー矢島が「私服センス0点」と採点した、その日の柏木の格好はというと......。

 ダボッとした白いセーターを細いベルトでウエストマークし、花柄のミニスカートと黄土色のブーツを合わせた、いわゆる「ゆるふわ」系のファッション。矢島をはじめおネエ軍団から「これ、昭和のファッションよ」「スカートの柄、カエルの卵かなにか?」「セーターやスカートの丈、色の組み合わせ、とにかくなにもかもダメ」と散々な言われようだった。

 確かに、モデルとしても活躍中の板野友美や篠田麻里子らに比べると、柏木の私服オシャレ度はかなり低い。「もう少しベルトに太さがあったらいいのに」とか「いや、この厚手のセーターにそもそもベルトを合わせるのに無理がある」とか「こんな格好をするならポニーテールにするなど首周りをすっきりさせたほうがよかった」など、残念な点をあげればきりがない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング