AKB48のギャラ格差! 1公演 「5,000円」は妥当な金額?

メンズサイゾー / 2012年6月24日 8時0分

写真

 AKB48の研究生の1公演あたりのギャラが、総合プロデューサー・秋元康氏の口から「5,000円くらい」と明らかにされた。BS-TBSのトーク番組『みんな子どもだった』に出演した秋元氏は、司会の倉本聰氏からメンバーのギャラについて尋ねられ、「研究生はお小遣い程度とか。人気メンバーで仕事が重なってる人たちはギャラが高いとか。格差があるみたいですよ」と発言。さらに「いくらぐらい?」と突っ込んで聞かれると、「研究生とかは、5,000円とか言ってたような気がします」と答えた。

 研究生とは、オーディション合格後に正規メンバーを目指す準レギュラーのようなポジション。ジャニーズ事務所のジャニーズJrと似た存在ともいえる。

 今回、明らかになった「5,000円」というギャラに関して、ネット上では「あれだけ儲けてるのにケチくさい」といった意見が多く挙がっている。しかし、芸能界では研究生のような立場のタレントにギャラを全く出さないことも多いため、「出てるだけマシ」「ギャラとしては高いくらい」といった声もある。

 AKB劇場の公演は、チケット代3,000円で最大250人収容。単純計算で一回当たり75万の売上となる。だが、何パターンも用意するという衣装や楽曲の制作費、スタッフの人件費などを含めると、一つのステージをつくり上げるのに「何千万円も掛かっている」のだという。

それを考えれば、あまり高額なギャラは出せないというのも理解できるが…。

「以前は研究生はノーギャラで交通費も自腹という状況でしたが、最近はかなり改善されて、交通費の支給に加えてギャラも出るようになったようです。とはいえ、毎日公演に出るわけではありませんから、研究生の月収は5~8万円ほど。正規メンバーにならなければ、自活できるほどの収入は得られません」(芸能関係者)

秋元氏が明かしたギャラは、研究生が所属するAKBの運営会社「AKS」が支払っている額だと思われる。正規メンバーの多くは、それぞれ他の芸能事務所に所属しており、ピンでのCM出演や事務所が組んだユニット(Not yet、渡り廊下走り隊など)で得た収入は、事務所の規定に従ってギャラとして支払われる。人気メンバーの前田敦子や大島優子、篠田麻里子らは「年収3,000~4,000万円」(週刊誌記者)といわれているが、彼女たちはピンで活躍しているからこその高額収入といえる。

 秋元氏は雑誌のインタビューで「AKBは養成所のようなもの。授業料を取ろうという話もあったが、それは僕が反対した」と語っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
メンズサイゾー

トピックスRSS

ランキング