不倫と“自宅不倫”の違い? 再婚目前の矢口真里、10月仕事再開はあり得るか

messy / 2014年7月16日 17時0分

写真

 昨年5月に発覚した元モーニング娘。の矢口真里(31)の自宅不倫。それから1年が過ぎ、ついに矢口が芸能界復帰に向けて動き出しているという。

 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)では、彼女の自宅前で直撃取材を敢行している。テレビ局関係者いわく「10月の改編期で復帰することを目途に、関係者が局などへ挨拶回りしている」とのことだが、相変わらず矢口本人は固く口を閉ざしたままだ。

 彼女は現在、離婚の原因となった“間男”こと梅田賢三(26)と同棲中。自宅前では梅田の姿も確認され、2人の薬指にはプラチナの婚約指輪が輝いており、「たとえ世間の批判を受けてでも一緒になるつもり」と矢口の知人は言う。家族や事務所スタッフの説得にも翻意しなかったそうだ。

 件の不倫発覚後に元夫との離婚が成立し、昨年10月には自身のブログに活動休止の旨を綴った矢口だが、その後も彼女を追う芸能マスコミは後を絶たなかった。数カ月おきに彼女の近況が報道され、激太りが報じられたかと思えば、メイクや服装もバッチリで「打ち合わせして撮らせたのでは」とヤラセ疑惑が噴出するような写真も掲載された。今回の記事にも、フランク・ミュラーの腕時計をし、シャネルのロゴマークがついたケースで彩られたiPhoneで電話をしている彼女の後ろ姿が掲載されており、ネットでは「事前に準備していたのでは」と噂になっている。

 芸能活動を再開したいのか、それとももう戻る気はないのか――。「一般人として静かに暮らしたい」と話しているという情報もあれば、今回のように復帰を目論んでいるとの説もあった。これだけ情報量が多いというのは、言うなれば彼女のマスコミからの注目度が高いということだろう。

「矢口の自宅不倫は相当なインパクトがありましたね。その現場を当時の夫に押さえられたというのも、まるで昼ドラのような展開というか……(苦笑)。とはいえ、芸能界には不倫や略奪愛からの再婚を遂げた人が少なくありません。もう何年も結婚目前と言われ続けている中谷美紀(38)と渡部篤郎(46)の関係は、渡部がRIKACO(48)と婚姻関係にあった頃にスタートしたと言われていますし、永作博美(43)も既婚者のCMクリエーターと半同棲した後、相手の男性の離婚後に結婚をしています。自宅での不倫によって性欲の旺盛なイメージが矢口についてしまったことは否めませんが、離婚に至った今、矢口が復帰してはいけない理由はないはずです。彼女の復帰に関しては『需要ない』等のバッシングもありますが、アンチがいるからこそメディア露出がなくとも注目度を保てているということ。だからこそ、マスコミも彼女を追い続けているのでしょうね。実際表舞台に出始めたら話題性は十分ですし、持ち前の要領のよさで活躍できるんじゃないでしょうか」(芸能関係者)

 不倫や略奪婚を経ても何食わぬ顔で清楚キャラを貫き芸能活動を続ける芸能人が多数いる一方で、身を潜めることを選択していた矢口。なお、現在彼女が休業したことで空いたバラエティ番組での“ワイプ枠”を狙うタレントは数多く存在するが、矢口以上のワイプ芸を披露する者はまだいない。そろそろ、あのオーバーリアクションを再見したいものだが……。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング