元タレント・若槻千夏が「KABA.ちゃん化」進行中!? モテよりオシャレを追求した結果

messy / 2014年8月2日 17時0分

写真

 かつてはバラエティ番組にも頻繁に出演し、開設していたブログ「マーボー豆腐は飲み物です。」がアメブロ初の殿堂入りを果たすなど人気タレントとして活躍していた若槻千夏(30)。2009年には自身のブランド「WC(ダブルシー)」を立ち上げ、以降、タレント業よりもファッション業に軸足を置き、ブランドプロデューサー兼デザイナーとして活動していたものの、昨年1月にはデザイナーを辞めてクリエイティブアドバイザーに。昨年7月31日付けで同ブランド発のキャラクター「クマタン」の商標権を持って、完全にブランドから退任した。

 一時は人気を博した公式ブログも、開設から10年を経た今年5月28日に閉鎖することを発表。「旅に出てみたりアパレルをやってみたりなんだかんだで今、私はキャラクターをプロデュースしています」「本気でキャラクターをやろうと思っている最中“私が一番に出る事が長い目でみた先にある正解ではない。”そう思いました」と、キャラクタービジネスに専念すると明かしていた。

 とはいえ現在もInstagram(インスタ)の方は変わらず更新を続けているようだ。インスタのプロフィールには「“KUMATAN”producer.」とあり、あくまでもタレントとしてではなくキャラクターのプロデューサーとして活動しているようだが、自身の写真も頻繁に投稿されている。ブログに綴られていた内容から、表舞台に出ることを控える覚悟なのかと見ていたが、それは誤りだったようだ。

 インスタ上ではもちろん、若槻のキャラクター「クマタン」に絡んだ投稿が多い。LINEスタンプになったクマタンのイラストのほか、キディランド原宿で展開されているクマタングッズについてのPRや、若槻がクマタン靴下を履いた写真、多数のクマタンぬいぐるみの写真などが、オシャレ(たぶん)な感じにフィルターをかけて投稿されている。そしてもはやインスタの定型と化しているが、それらの投稿にはファンたちからの「かわいい(はぁと)」「可愛すぎる~」などといった賞賛のコメントが寄せられており、ほぼ何を投稿しても「かわいいいいい」と“可愛い”一本槍となっている。

 しかし、そんな中、さすがの信者たちも「可愛い」と手放しで誉めちぎれない投稿が7月28日にあった。ウサ耳つきのカチューシャをつけ、うつむく若槻の写真がアップされたその写真には当初、従来と同じように「なんでそんなにかわいいんですか」「可愛いすぎる」など賞賛のコメントが書き込まれていたが、時間が経つに従い「一瞬、KABA.ちゃんに見えた。すみません。」「KABA.ちゃん?!」「KABA.ちゃんの生き霊が、、、w」など、タレントのKABA.ちゃん(45)に激似であるとのコメントが多数寄せられる事態になっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
messy

トピックスRSS

ランキング