脱ぎまくり!? 女優業から遠ざかる大島優子の行く末は嘉門洋子?

messy / 2014年8月4日 17時0分

写真

 今年6月にAKB48を卒業した大島優子(25)。そんな彼女が、9月18日にグループ卒業後初となる写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)を発売する。

 「明るく元気なエロティック」がテーマになっている今作は、両腕で胸を隠した“腕ブラ”ショットも掲載。以前から巨乳と噂されている彼女のセクシーな一面が堪能できる仕上がりとなっている。

 『脱ぎやがれ!』というド直球なタイトルが目を引く今回の写真集、ネット上では「脱ぐことしかできないのか」「『脱ぎやがれ!』って下品すぎる」と批判が相次ぐ事態に。加えて、彼女がAKB48卒業時、女優業に取り組みたいと発言していたことを引き合いに出し「どんどん女優から遠ざかってる」と指摘する声もあった。

 大島といえば、先日放送された『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』(フジテレビ系)内の企画でKis-My-Ft2の玉森裕太(24)とキスシーンを演じたことも記憶に新しい。大島と玉森にはかつて熱愛の噂が流れていたこともあり、玉森ファンの心中は穏やかではなかった様子で、放送後には「大島からキスを求めていた」とジャニーズファンから大バッシングを浴びていた。それに対して「実際にはキスしてないのに」と大島を擁護する声もあり、ネットでは大きな論争に発展。AKB48在籍時に比べてメディア露出が減った印象のある大島だが、相変わらず注目度が高いようだ。

 しかし、ネットの声でも指摘されるように女優としての活動はあまり見られない。写真集発売、バラエティ特番への出演と、完全にバラドル寄りだ。かといって、AKB48時代から水着姿や下着姿などきわどいショットを多く公開してきているため、今回の写真集にもそれほど新鮮味がないような気もする。なお、11月には出演映画『紙の月』の公開を控えているが、どちらにせよ彼女に“女優”というイメージはまだ定着していないのが現状である。

 そんな大島も今年で26歳。女優への転身を宣言したものの、なんとなく中途半端な立ち位置で、脱ぎ仕事を率先して行なっている。このままいけば、グラドルとして人気を博した後、女優として活動しながらもブレイクとはならず、30歳を過ぎてから突如ヌードに挑んだ嘉門洋子(34)と同じ道のりを辿りそうな気がしなくもないが……。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング