脱税、隠し子、整形、売名…疑惑の絶えないカップル・GACKTとICONIQが破局

messy / 2014年8月7日 16時0分

写真

 2012年6月に交際が発覚したGACKT(41)とICINIQ(29)。熱愛報道後には、報道陣から「交際は順調?」と問いかけられたGACKTが「今度ベッドの中で聞いてみます」と答え、それに対してICONIQも「私も大好きです。ベッドの中での会話? はい、ありました」と、堂々と交際を認めて注目を集めた2人だが、この度破局していたことがわかった。

 「サンケイスポーツ」によると、破局原因は性格の不一致と多忙によるすれ違いだという。なお、GACKTは現在、自身が脚本・主演などを手がける舞台『MOON SAGA -義経秘伝- 第二章』の公演中であり、9月にスタートするドラマ『タイムスパイラル』(NHK BSプレミアム)への出演も決まっている。

 今回、約2年の交際にピリオドを打った2人だが、ネットでは「まだ続いてたんだ」「2年付き合って性格の不一致で別れるって……」と冷ややかな反応が続出。また、「ICONIQって誰?」との声もあり、彼女の知名度の低さが明らかとなった。

 GACKTといえば、昨年かつて彼のファンクラブを運営していた会社がファンクラブ運営費を水増しして約5800万円の脱税をし、同社の取締役ら3人が逮捕されたことでも話題になった。加えて、2012年には東日本大震災の義援金横領や所得隠しが疑われ、GACKTの自宅や関係各所に国税局の強制調査が入ったこともある。そして同時期にカナダに愛人と隠し子がいることも発覚。これに関して彼は、自身のブログで「『なんだこれ??』と思うことが天こ盛りだ。笑えてしまうほど、悪意も感じる。よっぽど嫌われているんだな」と否定したが、度重なるネガティブな報道によりイメージダウンが叫ばれたことは否めない。

 一方のICONIQは、2002年に韓国のアイドルグループ「Sugar」のアユミこと“イ・アユミ”として芸能活動をスタートさせた後、2008年に“伊藤ゆみ”に改名し日本で女優デビュー、その翌年には“ICONIQ”と再度名を改め歌手としてデビューしている。ICONIQとしてデビューした際の坊主頭は大きなインパクトを与えた。

 それと同時にデビュー前の写真がネットを中心に出回り、あまりにも顔の印象が違ったことから顔面大改造疑惑が浮上したことも。また、ICONIQとしてのデビュー時にはEXILEのATSUSHI(34)とのコラボ曲をリリースし、大手化粧品メーカー「資生堂」のCM曲として起用されるなど、多大なバックアップの元で活動を開始した彼女。しかし、メディア露出は徐々に減り、GACKTとの交際報道があった時には「再ブレイクを目論む彼女の売名では」とささやかれたこともあった。

 このように、近年あまり明るい話題のない2人。お互い別々の道を歩き始めたということで、今後は少しでもポジティブな活躍ぶりを聞ければいいのだが……。
(シュガー乙子)

messy

トピックスRSS

ランキング